迷宮の王1 ミノタウロスの咆哮

[著者:支援BIS/イラスト:目黒詔子/レジェンドノベルス]★★

迷宮の王 1 ミノタウロスの咆哮 (レジェンドノベルス)

迷宮の王 1 ミノタウロスの咆哮 (レジェンドノベルス)

 例えばダンジョン探索系のゲームとかで、「何で
階層の中ボスはボス部屋で大人しくしているんだろ
う? 部屋から出ないで行儀良く冒険者達を待って
いるんだろう?」とかの疑問を抱いたとして。その
答えの一端を知る事が出来たような気がしました。
 定められた道筋を沿わず、中ボス連中が好き勝手
に徘徊したら、ゲームバランスそのものが崩れて非
常に面倒臭い事になりそうですけど。そのゲームバ
ランスのようなものを、あえて徹底的に崩している
のがこの物語の大きな特徴なのかなと思いました。
 最初の内はほぼ獣の本能のみで動いていたミノタ
ウロスが、徐々に力を得ると共に知性を身に付けて
行く、この内面変化の描写が特に印象的でしたね。

普通のリーマン、異世界渋谷でジョブチェンジ2

[著者:雪野宮竜胆/イラスト:電鬼/レジェンドノベルス]★★

普通のリーマン、異世界渋谷でジョブチェンジ 2 (レジェンドノベルス)

普通のリーマン、異世界渋谷でジョブチェンジ 2 (レジェンドノベルス)

 セリカとユーカを養う為の生活費稼ぎがメインに
なりそうだったので、暫くは戦いながら何らかの商
売を兼ねる日常になるのかなと思ってましたが、ま
あ素人の浅知恵ではなかなか上手い商売として定着
しないですよね。情報広まったら、独占商売定着す
るどころか早い者勝ちで取られてしまうんじゃ……
って思った位ですから。資源も有限ですからね。
 もっとも、中盤以降当面の生活費は保証されたの
で、金銭面での心配は無くなったわけですが。あと
はセリカが大分心配していた様に、澄人の戦闘の不
慣れさから窮地を招いてしまったりするのが問題な
のかな。ガルダのような卑劣な相手と渡り合う為に
も、戦闘力強化は澄人の課題なのかも知れません。

既刊感想:

コボルドキング1 騎士団長、辺境で妖精犬の王になる

[著者:Syousa./イラスト:sime/レジェンドノベルス]★★★

コボルドキング 1 騎士団長、辺境で妖精犬の王になる (レジェンドノベルス)

コボルドキング 1 騎士団長、辺境で妖精犬の王になる (レジェンドノベルス)

 亜人は狩るべき相手ではなく、一応は生存権は与
えられていて。しかしながら人間(ヒューマン)達
にとっては蔑視の対象でしかなく、完全に強弱上下
の関係が形成されている。そんな仕組みの世の中な
ものだから、コボルド達へ向けられるガイウスの優
しさと頼もしさによる存在感は“救世主”的なもの
であり、物凄く魅力的で格好良く映るんですよね。
 薄汚い犬、狩られて当たり前の存在、とヒューマ
ン達の認識が覆らない限りは、こんな悲劇が幾度と
なく繰り返されてしまうと思う。ガイウスが危惧す
るように、襲撃者を退けても、退ける度により多数
の報復を呼び込む可能性もある。建国によって数の
暴力を見事に退ける様を是非見てみたいものです。

無双航路2 転生して宇宙戦艦のAIになりました

[著者:松屋大好/イラスト:黒銀(DIGS)/レジェンドノベルス]★★★

無双航路 2 転生して宇宙戦艦のAIになりました (レジェンドノベルス)

無双航路 2 転生して宇宙戦艦のAIになりました (レジェンドノベルス)

 前巻で魅せてくれた、“絶望的な状況に陥った少
数”が“圧倒的大戦力の大多数”を退ける大逆転劇
とはまた一味違った趣の今回。連合国との艦隊戦よ
りも、帝国軍内部に抱えてしまった面倒な問題や、
AIであるアサガヤシンが立ち回る仮想世界でのや
り取りの方が見せ場は多かったような印象でした。
 そんなこんなで最後の決戦も、敵に回ったのはア
レでその敵がこちらに差し向けたのがアレで、とち
ょっとネタバレで言えない程度に度肝を抜かれる展
開でした。……が、更にその先の終盤の展開がそれ
以上に衝撃的過ぎて、その事態に直面した時は言葉
を失ってしまいました。あまりにショックが大きく
て。いや、本当にこの先どうなるんでしょうね。

既刊感想:

ハイエルフと行く異世界の旅

[著者:めたるぞんび/イラスト:羽公/BKブックス]★★

ハイエルフと行く異世界の旅 (BKブックス)

ハイエルフと行く異世界の旅 (BKブックス)

 異世界へ通じるトンネルとは、どうやら誰も彼も
が利用できるものではないらしく。秘匿されてるか
どうかと言えば、瑛斗は案外周囲バレを気にしてい
るような素振りも無く、それでも他の人物が使用し
ている形跡も今の所は見当たらず。もしかしたら、
祖父から孫へ個人的な譲渡と言う形だったのかも知
れない。何しろ気軽に使ってる異世界トンネルの存
在自体が、謎に満ちているなあって印象でしたね。
 ツンデレハイエルフ娘なアーデライードとの異世
界冒険旅行は、観光地を巡る感覚で割と気楽に安心
して眺めていられました。成り行きでオーク討伐と
か奴隷解放戦とかもありましたけど、基本的に異世
界での瑛斗の強さは他とは桁違いでしたからね。