昔勇者で今は骨4 わたしからあなたへ

[著者:佐伯庸介/イラスト:白狼/電撃文庫]★★★

昔勇者で今は骨4 わたしからあなたへ (電撃文庫)

昔勇者で今は骨4 わたしからあなたへ (電撃文庫)

 船を修繕して、空いた時間の暇つぶし的なお使い
依頼をこなすだけの筈だったのに、何かめちゃくち
ゃヤバい事になってるんですけど! もう既に一度
瓦解してちょろちょろ暗躍してる魔王軍なんてちっ
ぽけなもので。だって今回の相手、滅びたとは言え
かつての神の一柱ですよ。こっちもフブルやダイス
を筆頭に実力者揃いの総力戦の様相だったので、追
い詰められても危機感は抱きませんでしたけど。そ
れでもアルが途中から完全に戦力外でしたから。
 今回はラスボスっぽい神の存在があって、その怨
念を食い止める為のまさに総力戦って印象で非常に
見応えがありました。ここまでやり切ったら、もう
大抵何が起こっても乗り切れそうな感じですよね。

既刊感想:

昔勇者で今は骨3 勇者と聖邪

[著者:佐伯庸介/イラスト:白狼/電撃文庫]★★★

昔勇者で今は骨3 勇者と聖邪 (電撃文庫)

昔勇者で今は骨3 勇者と聖邪 (電撃文庫)

 ようやく本来の目的であるイザナ案件。アルが旅
立つ切っ掛けがイザナ捜索で、引っ張り続けて来た
ので容易く収まる事ではないなと。彼女が雲隠れし
た原因についても、絶対面倒臭いものに違いないぞ
と。再会する前から随分身構えてしまいました。
 結局の所、イザナの所業は想像の上を行くアレな
内容でしたけど。肉体復元、蘇生、なんて話題が出
た時は、ハッキリと「骨のままの方がいい!」って
なりましたね。まあその辺はアルの気持ち次第だっ
たんですけど。この元の姿に戻るかどうかの件につ
いて、アルにはこう言って欲しいなあ、とかこう決
断して欲しいなあ、とか期待していた立ち振る舞い
を見せて貰えたので、何となくホッとしました。

既刊感想:

昔勇者で今は骨2 双竜の転生者

[著者:佐伯庸介/イラスト:白狼/電撃文庫]★★

昔勇者で今は骨2 双竜の転生者 (電撃文庫)

昔勇者で今は骨2 双竜の転生者 (電撃文庫)

 ハルベルとかミクトラとか、アルが他の女といち
ゃいちゃしてたら嫉妬したり落ち込んだりするくら
い好意的感情で惹かれているじゃないですか。それ
を見ていて微笑ましいな、と思いながらもふと我に
返ってみてついつい呟きたくなる。「でもこれ、外
見“骨”だよ?」と。アルの内面や人柄に惚れてい
るのは承知してますが、女性陣があまりに自然な態
度なもんでうっかり忘れてしまいそうになります。
 今回は王都で魔王残党竜討伐戦。魔王を討ち滅ぼ
した後になっても、結構魔王軍動きが活発なんです
よね。元勇者のアルの存在に引き寄せられているの
かどうか。次はあまり絡まないとフブルは言ってま
したが。今度は遂にイザナと再会を果たすのかな。

既刊感想:

昔勇者で今は骨

[著者:佐伯庸介/イラスト:白狼/電撃文庫]★★

昔勇者で今は骨 (電撃文庫)

昔勇者で今は骨 (電撃文庫)

 『いるんだからしょうがない』。アルの存在価値
を揺さぶった幼女プーチの何気ない一言。その場限
りとあっさり受け流してしまいましたが、後にアル
から発せられたその言葉が「そのタイミングで差し
込んで来るか」と。物凄く心が揺さぶられました。
 元・勇者とは言え、スケルトンと化した現在、人
目に付くような事をやって無事に済むのか? と初
っ端から結構心配してましたけど。割と図太いと言
うか楽観的と言うか、そんな調子でも勇者の肩書で
どうにかなりそうな所が妙な安心感を与えてくれた
のか。それにこの世界の人達って、人外に対して抵
抗感少なくないですか? それとも、受け入れられ
易いのはアルの立ち回りの巧さなのでしょうかね。

鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王

[著者:冬月いろり/イラスト:Namie/電撃文庫]★★

鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)

鏡のむこうの最果て図書館 光の勇者と偽りの魔王 (電撃文庫)

 第25回電撃小説大賞『銀賞』受賞作。

 どこでも瞬間移動出来る某ドア的な、いずれ何処
かで鏡を透過し往来する術が見つかるんだろうなあ、
とか思ってました。大図書館の館長権限で、解答が
書かれている本を探し出せそうな様子だったし。
 ところがそうはならず、まさかの外からの直接来
訪でした。他人を寄せ付け無さそうな雰囲気出しま
くってた割に、急に立て続けに来訪者があったり、
ルチアの訪問に関しては「え、そんなあっさり行け
るもんなの?」とか思ったり。実際には容易くはな
いんでしょうけど、微妙に感じる所も少々あったか
なと。ただ、そんな普段と違う変化と言うやつは、
ウォレスが今の状況を変えたい、変わりたいと強く
想った事が起こした現象だったのかも知れません。