●SIDE ONE●

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

ワールドエンドの探索指南2

[著者:夏海公司/イラスト:ぼや野/電撃文庫]★★

 未踏破のマップを埋める作業。とは言え、それだけでは済まされない、更に踏み込んで特にタイキにとっては“済ませてはいけない”何かが潜んでいるような。無視していては大して先へ進めない、ような雰囲気を含みつつある展開。

 今の世界とか前の世界とか、根本的な問題としておそらくその辺りを解き明かして行かなければならない。しかしタイキやヤヒロに与えられている情報は心許ない。結局は未踏破地域を開拓しつつ、疑問を抱えながらも『ミハシラ』を目指すしかないのか。

 タイキの個体についても断片的な情報を得た事で余計に謎が深まり、敵対生物と思われていた『ミサキ』に関しても、単純に人類の敵とは言えないような秘密がありそうな気もします。

既刊感想:

幼なじみが絶対に負けないラブコメ2

[著者:二丸修一/イラスト:しぐれうい/電撃文庫]★★★

 学園ラブコメ風味だったのが、今回は芸能界を背景にしたラブコメっぽい仕上がりで、特に中盤以降は大分予想してたのと雰囲気が違ってたなあって印象でした。

 前巻ラストの衝撃を目一杯引き摺って、傷心のへなちょこ野郎と化してしまった末晴。同じく自爆して気持ちが地の底まで沈み込んでしまった黒羽。ほぼ修復不能な関係がどうなって行くのかと気にしながら追っていましたが、結局最後は“タイトルの正しさを証明する”ような着地だったかな?

 この末晴の様子だと、やっぱり黒羽(幼なじみ)の勝ちは揺るぎないもののような気もするんですけど、簡単に確定させない波乱がまだまだ起こりそうな感じもありますよね。

既刊感想:

転生王子は錬金術師となり興国する

[著者:月夜涙/イラスト:新堂アラタ/GA文庫]★★

 主人公・ヒーロ=ヒーロー=英雄、みたいなイメージなんでしょうかね。名付け方について、些細な事ですけど。果たして異世界転生者は貧困の自国の『英雄』となれるのか?

 錬金術については、何故ヒーロに受け継がれたのか? まず気になる所で。前任者が何か含みのある物言いしてましたが、今は然程重要ではないのかな。語られる機会もしばらくはなさそうですし。

 まずは自国の復興からようやく第一歩。とりあえず兄弟であまり面倒なごたごたも起こらなくてホッとしました。次は避けられず乗り越えねばならない、隣国との戦いとなりそうですね。

天才王子の赤字国家再生術5 ~そうだ、売国しよう~

[著者:鳥羽徹/イラスト:ファルまろ/GA文庫]★★★

 面倒臭いと駄々をこねながらも、最初から最良の着地点を想定してのウェインの采配は相変わらずの切れ味。今回は曲者揃いの連中の裏を完全に読み切っての圧倒で、一段と冴え渡って躍動していたような印象でした。

 ただ、終盤でグリュエールがとある事情で交換条件で暴いた、ウェインが内に宿す獣=選聖候でも驚愕する彼の真意? 野望? みたいなもの。何か言い表せない危険な要素を孕んでいるような気もしますが……どうでしょうね。

既刊感想:

綾瀬さんは貢ぎたい!

[著者:空上タツタ/イラスト:かとろく/GA文庫]★★

 何で須々木を好きになったんだろう? って疑問は須々木自身が「何で俺を好きになったんだよ」と困惑しつつ抱いているに違いない。まだ語られてない切っ掛けでもあったのかな。単純に一目惚れと言われてしまえばそれまでだけど。

 せめて佐野だけでも須々木の癒しになってくれれば……と思ってたけどダメだった。まあ怪しげな兆候はあったし「やっぱりな」って感じで。想定を突き抜けていた所は想定外でしたが、この中では佐野が一番マシなんじゃ……ないかなあ……多分……。

 雰囲気としては綾瀬が一歩リードか。ラストの状況がちょっとハッキリしませんでしたが、まさか御手洗さんまで須々木自身が全く望んでない“須々木争奪戦”に名乗りを上げるのか?