二周目の僕は君と恋をする

[著者:瑞智士記/イラスト:和遥キナファミ通文庫]★★

 茉莉が原因不明のまま消失した事に対して、崇希
と同調して「何故?」を追っている時間が一番楽し
めていたのかも知れません。何でしょうね、この終
わりを迎えた筈なのに、どうにもスッキリさせて貰
えないもやもやした感覚が残る微妙さってのは。
 崇希に備わっていると思われたものが、実は茉莉
の方にこそ備わっていて、彼女が行使するのに引き
摺られるように崇希にもそれが出来るようになった
って事なんでしょうか? あえて曖昧な表現で仕上
げているように感じられましたが、崇希の“思いの
強さ”で実現したものだと捉えるべきなのでしょう
かね。ただ、過去を変えても未来には向かってくれ
なかったので、結局そこが不満だったのかなあ。

僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している

[著者:手島史詞/イラスト:烏羽雨/ファミ通文庫]★★★

 どう見ても一見さんが足を踏み入れるのを躊躇っ
てしまうような個人経営の珈琲店で、しかも店長が
閑古鳥鳴いてても構わない的姿勢なもんで、それが
入り難さを助長しているような具合なんですね。
 庄太郎もそうですけど、バイトの身である篤志も、
もっと集客力を上げるような経営努力した方がいい
のでは? と思いつつ、実は少数常連客のみで形成
されているこの穏やかな空間は、あえて努力しない
からこその成果なのだろうか? と考えたりもしま
した。まあ給料払えて経営が成り立っているなら、
断然今の雰囲気のままでいて欲しいですけどね。
 ちょっとした魔法と非日常と癒しの空間と、最後
の救いのある結末。とても満足させて貰えました。

異端の神言遣い2 俺たちはパワーワードで異世界を革命する

[著者:佐藤了/イラスト:武藤此史/ファミ通文庫]★★

 もっと遠慮せずに、駿介の中二病全開パワー発揮
してくれてもいいのに。やっぱりどうにもならない
切羽詰った時の奥の手のような、駿介にとって出来
る事なら秘匿しておきたい、無かった事にしたい黒
歴史的な意味合いを持っているせいなのかどうか。
 だってこれじゃあ逃亡者の立場だとしても、異世
界の各地巡りっぽい雰囲気にしかならないじゃない
ですか。いやまあこれはこれで、異世界滞在の旅行
気分を味わえて楽しいには違いないですけどね。
 前の時は、言葉の力によって生み出される魔法要
素がもっと沢山盛り込まれていたような……そうい
った意味ではやや物足りなかったかも。派手に出せ
ない状況なので、仕方ない部分はありますけど。

既刊感想:

バーサス・フェアリーテイル ―バッドエンドな運命のヒロインを救い出せ―

[著者:八街歩/イラスト:れい亜/富士見ファンタジア文庫]★★

 結末がこうなってしまうのは、ちと精神的にくる
ものがありますね……。だってこのままだと、散々
実在を訴えたソーシの妹の存在が“実は妄想妄言で
した”で一番しっくり納まってしまうんだもの。
 途中のソーシの妹への思い焦がれを見ていれば、
勿論妄想なんかじゃなく、事実だと言う事は充分に
伝わって来るんですけどね。ただ、結果的にソーシ
がこうなってしまった事によって、現状誰も空我山
喪々禍の実在を訴え掛ける事が出来なくなってしま
った。これがなかなかにどギツい仕打ちでしたよ。
 『侵蝕者』封印の話にしても、ソーシは敵対特化
能力を有していても『保全者』ではないですから、
苦戦必至で果たしてどう立ち向かうのでしょうか。

編集さんとJK作家の正しいつきあい方2

[著者:あさのハジメ/イラスト:6U☆/富士見ファンタジア文庫]★★

 吹雪(出版編集者)と美沙&ミシェル(ライトノ
ベル作家)の付き合い方で、「そりゃねーよ!」と
か思わず突っ込み入れたくなる程現実離れしていま
した。前巻もそうでしたけど前巻以上に。なのでや
っぱり、余計な詮索させられずに読めるのは気楽で
いられて良いですね。……いや、もしかしたら特殊
性癖の作家や編集者も実際に存在するのかも知れま
せんけど、怖いので深くは考えない事にします。
 作家と編集者、どちらかと言えば作家寄りのエピ
ソードが主だったかな? 美沙の特殊性癖が炸裂し
まくりで、「こんなノリでずっと行くんかなあ」と
不安でしたが、後半ミシェルを中心に作家の主張や
葛藤などが熱く盛り込まれていて良い感じでした。

既刊感想: