SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

レベル0の魔王様、異世界で冒険者を始めます 史上最強の新人が誕生しました

[著者:瑞智士記/イラスト:遠坂あさぎ/GA文庫]★★

 謎多き元魔王様。イシュト自身ずっと異世界『転
生』だと思い込んでいたのが実は『転移』で、そこ
に何らかの意味が込められているのかどうか。関連
して、元の世界と転移先世界とで何か繋がりのよう
なものがあるのかどうか。あとは前代未聞の『レベ
ル0』の謎とか、終盤でイシュトに敵を仕掛けた来
た存在の事とか。割とお気楽にあっさり転移世界に
馴染んでるイシュトですが、案外彼に関して開示さ
れてない秘密は多いのかなあって気もしました。
 おそらく本心から魔王再興を掲げてるんだと思い
ますが、強さの規格外振りが良い方向で目立ってし
まっているので、いずれは勇者にさせられてしまう
のかも? これからの動向が気になる所ですね。

勇者様が友達になりたそうにこちらを見ている!

[著者:機村械人/イラスト:桝石きのと/GA文庫]★★★

 能ある鷹は爪を隠す系主人公。その隠している身
体能力は一体どうやって身に付いたのか、あまり詳
しく語られなかったので経緯を知りたい所ですが。
 和人は他人となるべく普通に接したい(願望)の
ではなく、どんな相手であっても態度を変えず同じ
ように接する事が出来てしまえる(強制)。この差
異の描写とかは特に面白いなあと思いました。分け
隔てない普通が逆に周囲の目を引いてしまうので注
目を集めないように振舞っている感じでしょうか。
 まあそんな努力も虚しく失敗に終わってるんです
けどね(勇者と魔王と友達になってる時点で世間的
には大成功なのに)。転校して来る異世界の皇子と
やらが、この状態に果たしてどう絡んで来るのか。

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4 ~好きの対義語は大好き~

[著者:望公太/イラスト:ななせめるちGA文庫]★★

 客観的に見れば社会人女性が未成年男子に淫行を
働いてる、って桃田自身が自覚を持って呟いている
ように、元からそこが一番の問題であって相変わら
ずの心配の種でもあるんですけど。もう世間の目を
気にしつつこっそり付き合わざるを得ないのは仕方
の無い事で、こればかりは桃田が年を重ねるのを待
つしかない。幸い二人にとって近しい人達は、今回
みたく付き合い方に迷った際、誰かが気付きを与え
てくれたりするので安心して見ていられますよね。
 ただ、唯一近親者の中で嘘をついてしまっている
姫の姉の妃について、バレた時どうなるかは割と気
になる所で。いや、もうバレは確定してるんですけ
ど、このラストから拗れる事はほぼ確実でしょう。

既刊感想:

りゅうおうのおしごと!11

[著者:白鳥士郎/イラスト:しらび/GA文庫]★★★

りゅうおうのおしごと! 11 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 11 (GA文庫)

 九頭竜八一と空銀子の物語。将棋を中心にして、
二人の間で築き上げて来たものがあまりに重くて大
きくて痛くて辛くて苦しくて切なくて。こうして並
べてみると、負の感情ばかりが複雑に絡み合い付き
纏うのですが、だからこそ後半での確かな結び付き
が非常に際立ってくれて、そのシーンに到達した瞬
間が本当に嬉し過ぎて感極まってしまいました。
 もうこれで終わりで良くね? とか思わず逃避し
たくなったのも、確実に三段リーグの地獄は続いて
行くわけですから。ただ、前巻ラストで軽くホラー
とサスペンスが入り乱れていたのを思い返すと、よ
く持ち直したなって。八一への想いを力に変えられ
る今ならば、大分安心して見続けて行けそうです。

既刊感想:10

りゅうおうのおしごと!10

[著者:白鳥士郎/イラスト:しらび/GA文庫]★★

りゅうおうのおしごと!10 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと!10 (GA文庫)

 作中での安らぎ、一服の清涼剤的なJS研究生達
の活躍ぶり。同時に八一のロリコン弄られも増して
ますが、もう本性が年上好みでロリコンじゃないの
は分かってるので誤解を招く言動は控えなさいよ。
 ちょっと言い方が嫌な感じになりますが、八一に
指導を受けるJS達は本筋のおまけみたいな印象で
した。どこまで行ってもあくまで趣味の域を出ない
みたいな。その辺は大分甘く見てたなと、澪と綾乃
とシャルちゃんの将棋に対する向き合い方や意気込
みを軽視していたなと、今回のなにわ王将戦の件で
思い知らされました。綾乃以外の二人は今後将棋を
続けられるか分からない、それでもどんな環境であ
ってもあいとの交流は続いて行って欲しいですね。

既刊感想:

りゅうおうのおしごと!9

[著者:白鳥士郎/イラスト:しらび/GA文庫]★★★

 競技においての『一強』。誰の追随も許さず、常
に同じ結果を叩き出し、それをひたすらに積み重ね
て行く。女流棋士界の銀子の立場。「自分の居場所
はここじゃない」とばかりに強さを貪欲に追い求め
てより高みを目指す、その結果としてあまりに強過
ぎるが故に場が盛り上がらずに冷め切ってしまう。
 本来なら天衣の成長を描いたものがメインのエピ
ソードなので、そちらを気にして触れるべき所なの
ですが。天衣が覚醒するのに合わせて、銀子の異次
元の強さが際立って見えてしまって、その言葉で言
い表し難い“危うさ”みたいなものが非常に気にな
ってしまいました。終局の後の両者様子を見ても、
どっちが勝者なのか分からない程でしたからね。

既刊感想:

アヤカシ・ヴァリエイション

[著者:三雲岳斗/イラスト:沙汰/LINE文庫]★★

アヤカシ・ヴァリエイション (LINE文庫)

アヤカシ・ヴァリエイション (LINE文庫)

 自分の出生とか性質とかに秘密めいたものがあっ
て、でも自分では何が原因でそうなってしまったの
か全く理解出来ないでいて、そんな状況で妙な騒動
に巻き込まれてしまったら、果たして自発的かつ積
極的に行動を起こせるかどうか。晴の場合は理解す
る為の受け身の姿勢と言う感じで、そのせいか主人
公の割には主要人物の中でも存在感が薄い方だった
かも知れません。特殊異能を秘めている、でも派手
な演出ではなく淡々と使いこなして、気付けばいつ
の間に全て片付いている、みたいな手応えでした。
 特殊骨董である『杠屋』メンバーの個々の能力、
晴と同じく使主である真緒の実力など、まだまだ見
たい部分は色々あったので続きに期待したいです。

いのしかちょうをこっそり視ている卯月ちゃん

[著者:鳳乃一真/イラスト:宮原るり・るご/LINE文庫]★★★

 LINE風のアプリ会話に横書き文章表記。主人
公の卯月が他人のスマホのLINE会話履歴を覗き
見て一人ほくそ笑み楽しむ、みたいな流れで。最初
の内は表記の奇抜さやネタありきの内容かと思って
いて、卯月の覗き見が延々続くのかなと思っていま
したが。卯月の抱える事情が明かされて行くに連れ
て、面白さも徐々に増して行くような印象でした。
 卯月の事が分かるまでは、誰とも分からないグル
ープの滑稽なLINE会話を見せられて、それを彼
女自身が妄想の産物交じりで面白可笑しく解釈する
のを見せられて、一体どう反応すりゃいいんだろう
……って気分でしたけど。この積み重ねがあってこ
そ、後の繋がりが際立ってくれたのだと思います。

世界で、いちばん嫌いな君

[著者:みなづき未来/イラスト:窪木聖/LINE文庫]★★★

世界で、いちばん嫌いな君 (LINE文庫)

世界で、いちばん嫌いな君 (LINE文庫)

 告白に舞い上がって本音を言えない女の子。ギク
シャクしてるのは見ていて気持ち良いもんじゃない
けど、心の内に溜め込むよりはぶつけ合ってた方が
清々しいのになあ、と。栞の恋愛の様子を眺めてい
ての前半の頃の気持ち。礼の方がやたらと栞の言葉
を遮って来るので何かあるとは感じていましたが、
それぞれに抱えている傷跡や心の闇などに触れて行
く内に、安易に「ああした方が」「こうした方が」
と意見を言えない雰囲気になってしまいましたね。
 裏に潜んでいる事情とか隠されていた接点とか、
何となく察せられるものではありましたが、繋げ方
が非常に素晴らしくて、特にエピローグに向かう終
盤の展開には思わず溜息が漏れてしまいました。

滴水古書堂の名状しがたき事件簿1

[著者:黒崎江治/イラスト:Tamaki/レジェンドノベルス]★★

滴水古書堂の名状しがたき事件簿 1 (レジェンドノベルス)

滴水古書堂の名状しがたき事件簿 1 (レジェンドノベルス)

 古書店だけど古書店が舞台ではなくて出張先の事
件簿的な、古書に纏わる話よりもそれ以外の怪奇現
象的な、日常から地味に足を踏み外して盛大に巻き
込まれてしまったような、そんな印象のエピソード
群。もっと書物が絡んだモノが主になるのかと思っ
てましたが、主人の古戸時久に書に限定した執着心
があまりないと言うのか、興味を惹かれる珍妙な依
頼だったら何でも良いみたいな性癖があるのかも。
 それでとばっちりを食うのは由宇子。巻き込まれ
慣れて助手役が板に付いてしまって。雇われて間も
ないのにご愁傷さま。ただ、冒頭で見せた異常性も
内に孕んでいるので、怪奇現象関連で窮地に陥って
も意外と乗り切れそうな雰囲気もあるんですよね。

世界を救うまで俺は種族を変えても甦る2 トライ・リ・トライ

[著者:原雷火/イラスト:田中健一/レジェンドノベルス]★★

 強いままニューゲーム、エルフ編。意味不明な本
性を垣間見たせいか、ゼロの後ろで常に控えている
ナビの存在が不気味で仕方がない。やり直しがバレ
ないようめちゃくちゃ意識して気を使って取り繕っ
て、こりゃ精神的に相当疲れるよなあ。今回はナビ
の扱いに関しては致命的なミスが無かった為、単な
るマスコットナビゲーターにしか見えませんでした
が、僅かでも禁忌に触れる行動起こすと途端に狂気
の牙を剥きそうで、常に冷や汗が出てしまいます。
 ゼロの行動に関しては、選択を誤ったとも言い切
れないので、長期に渡ってのエルフ活動で上げまく
った末の叩き落しに悔しさが募るばかりで。貴重な
経験を得た事で新たな道を切り開けるかどうか。

既刊感想:

謎のおっさんオンライン2 世界で一番やべぇヤツ

[著者:焼月豕/イラスト:Aji/レジェンドノベルス]★★★

謎のおっさんオンライン 2 世界で一番やべぇヤツ (レジェンドノベルス)

謎のおっさんオンライン 2 世界で一番やべぇヤツ (レジェンドノベルス)

 なんか開発者である煌夜の私情が大分ゲーム内の
難度に影響を及ぼしているような。おっさんへの対
抗心、こいつをぎゃふんと言わせてやりたいって気
持ちが溢れまくりで、おっさん基準で難易度設定が
成されているので妙にハードルが高い。それでもお
っさんに絡んだ連中はもれなくレベルアップしてる
ので、そんな難度をものともしない辺りに凄さが感
じられる変人揃い。対抗心燃やしてる連中も、結局
おっさんに感化されてんなあって雰囲気でした。
 何でもありの自由度の高いMMORPG、その舞
台を最大限に利用して好きな事やりたい事を何でも
こなして遊び続けている。おっさんを始めとして皆
がそう。楽しさが凄く伝わって来るんですよね。

既刊感想:

異世界再建計画2 転生勇者の後始末

[著者:南野雪花/イラスト:Kotakan/レジェンドノベルス]★★

異世界再建計画 2 転生勇者の後始末 (レジェンドノベルス)

異世界再建計画 2 転生勇者の後始末 (レジェンドノベルス)

 一部地域じゃなくて、割と世界全域な規模の広が
りなのかどうか。その辺りの事情を考えると、脚気
の広がりを阻止して根絶やしにする事、そしてそれ
を食事改善によって実現させようとしている事、エ
イジの目指すべき所の終着点が見通せない意味でも
難儀な道程になりそうだなあと思わされました。
 戦いに関してはまるっきり役立たずながら、エイ
ジにはエイジなりの戦い方で気張っている。ただ、
その見せ場が活用出来ない場面が続いてしまうと、
存在意義が危ぶまれて大丈夫かと心配になったりす
るのですが。魔王軍の移動計画に乗っかった事で果
たしてどんな流れを呼び込むか。交渉術や食事改善
の知識で更なるエイジの手腕に期待したい所です。

既刊感想:

夏の終わりに君が死ねば完璧だったから

[著者:斜線堂有紀/イラスト:くっか/メディアワークス文庫]★★

 弥子の行く末と、江都の辿り着く先と、三億円の
行方と、大体この三つの結末をあれこれ想像巡らせ
ながら読んでいました。淀んだ空気、退廃した雰囲
気が全般的に流れていたので、あまり良い結末と言
うのが浮かび難くて。常軌を逸した母親の存在とか
途中の逃亡劇みたいなものを眺めながら、ある程度
精神的苦痛を伴う展開になるのも覚悟してました。
 結末に関しては、興味を抱いていたどれも良い意
味で予想とは違っていました。特に三億円相続は、
弥子が未来を見越してそうしてくれたのか、江都が
暴動に殺されないギリギリの線での結末だったと思
います。端数の意味は分からず仕舞いでしたが、江
都が言う様に解けない謎なのかも知れませんね。