SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去

[著者:園生凪/イラスト:黒田ヱリ/講談社ラノベ文庫]★★

夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去 (講談社ラノベ文庫)

夢に現れる君は、理想と幻想とぼくの過去 (講談社ラノベ文庫)

 叶えられなかった夢を叶える為に見る夢。過去に
残した未練や後悔をやり直しの上で断ち切る為に体
験する夢。けれどもその実、直面する現実から大き
く目を背けたいが故の逃避。成功してから最初の内
はまだ何とも無かったのですが、徐々に告げられた
危険性がじわりと表面化して来るような感覚。颯の
日々の生活ぶりを眺めていて、いずれ夢に捕らわれ
てしまう、もしくは自分から夢への永住を望んでし
まうかも知れない、そんな危惧を抱いていました。
 夢への依存性が確実に増して行くに連れて、あま
り先を見たくない気持ちが強まってしまったりも。
結果的には背けていた筈の現実の繋がりがあったか
らこそ、颯はこの結末を迎える事が出来たのかな。

異世界誕生 2006

[著者:伊藤ヒロ/イラスト:やすも/講談社ラノベ文庫]★★★

異世界誕生 2006 (講談社ラノベ文庫)

異世界誕生 2006 (講談社ラノベ文庫)

 自分の死と引き換えに成し得た異世界転移転生に
おいて、現実世界に残された側がメインの物語は多
分他に見た事がない。『一方その頃……』的な途中
描写は見掛けたかも知れませんが、完全にこちら側
寄りなのは初めて。実際に誰かを亡くした側に立っ
てみれば、こんな風に“遺族が描いた妄想”と扱わ
れるのがごく自然な事にように見える。そう意識さ
せられながら、遺族の妄執や狂気と言った負の感情
に絶えず晒され続けるような、そんな印象でした。
 本来なら目に見えなくてもいい部分。大抵は異世
界の主人公に同調して行きたいと思うものだから。
そこを逆手にとって深く抉り込むように描き切る辺
り、「凄い!」以外の言葉が浮かびませんでした。

世界は愛を救わない

[著者:海老名龍人/イラスト:ももいろね/講談社ラノベ文庫]★★★

世界は愛を救わない (講談社ラノベ文庫)

世界は愛を救わない (講談社ラノベ文庫)

 最初に『世界征服』って強烈な印象を与える言葉
を残して、行き着く先は果たして何処か? 巧い具
合に興味を引き寄せられたなあって感じでした。
 自分が世界征服を果たせれば全てが思い通りにな
ると信じての行為、しかしながら、例えばもしも吾
郎、美香、貫地が本当に世界征服を成し遂げたとし
て、その感情まで意のままに出来るものなのかどう
か。「自分が」ではなく「相手が」自分の望んだ形
で応えてくれるだろうか? 抱えているものがとて
も歪であるが故に、目指しても叶いそうにない虚し
さとか遣る瀬無い気持ちを抱いてしまいました。
 うっかり破滅したら感情がぐちゃぐちゃになりそ
うだったので、そう言う意味では救われたのかも。

白魔法クラスの大忍術師

[著者:藤木わしろ/イラスト:紅緒/MF文庫J]★★

白魔法クラスの大忍術師 (MF文庫J)

白魔法クラスの大忍術師 (MF文庫J)

 ユウマの印象。一言で『いやらしい奴』。ニンジ
ャは六国から暗躍を恐れられているよりも、陰湿極
まりない策謀の数々で忌み嫌われていたんじゃない
かなあ、とユウマの行動を眺めていて思ったりもし
ました。いやらしさとは、例えば「何故助けてくれ
ない」に「俺には関係ない」と返している事ではな
く、「何故助けてくれない」の発言自体を巧妙に誘
導して引き出した上で、更に誘導すべく返答を出し
ている事。観察眼に優れていると言えば聞こえは良
いけれど、あまりに真実を見抜き過ぎるので「うわ
ぁ……」となる所は少々あったかも知れません。
 かと言って別にユウマに嫌悪感抱いてるわけでも
ないですが。まだ得体の知れない部分はありそう。

わたしの知らない、先輩の100コのこと1

[著者:兎谷あおい/イラスト:ふーみ/MF文庫J]★★

わたしの知らない、先輩の100コのこと1 (MF文庫J)

わたしの知らない、先輩の100コのこと1 (MF文庫J)

 「なにこの子、怖い!」ってなりましたよ。同じ
電車に乗りながら虎視眈々と付け入る隙を窺ってい
て、接触を決めたら後はこちらのプライベート一切
無視した強引過ぎる攻め込み。最初期の慶太が真春
をストーカー呼ばわりで避けたがる気持ち、よく分
かりました。実際めちゃくちゃドン引きで、正直真
春のやり口にかなりの嫌悪感を抱く程だったので。
 ところがそれが最後まで読み切ってしまうと、ま
あ不思議とそうでもなくなっていたんですね。慣れ
って怖いですね。実際の所は慶太も気になっていた
ようだし、真春の接触は強引ながらも嫌ではないか
ら続いているのでしょう。池内君の指摘はちょっと
気になる所ですが、その辺りどうなるでしょうね。

ぼくたちのリメイク Ver.β

[著者:木緒なち/イラスト:えれっとMF文庫J]★★★

ぼくたちのリメイク Ver.β (MF文庫J)

ぼくたちのリメイク Ver.β (MF文庫J)

 10年前に戻る事が無く、現在を継続した場合の
恭也の物語。自堕落ニートまっしぐらか、それに近
いような人生投げ捨て生活送り続けるものと思って
ました正直な所。ところが意外と粘る、しぶとくし
つこく食い下がる。そこまでして諦めかけたクリエ
イターへの道を捨てきれないのは何故か? この別
の『もしも~だったら』のエピソードに触れて、多
少は理解出来たような気になれたかも知れません。
 13部の有能なメンバー達に巡り合い、根気強い
説得で分かり合えて、かつて繋いだ人脈も武器にな
り得ている。しかしながら、河瀬川が幾度も懇願し
ている「決して好きを捨てないで」、恭也はこの会
社に居続けて、それを守り抜く事が出来るのか。

既刊感想:

ライアー・ライアー2 嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています。

[著者:久追遥希/イラスト:konomi(きのこのみ)/MF文庫J]★★★

ライアー・ライアー2 嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています。 (MF文庫J)

ライアー・ライアー2 嘘つき転校生は小悪魔先輩に狙われています。 (MF文庫J)

 バレたら即破滅の偽りの7ツ星、今回も相当な綱
渡りの連続。ただ、それは確かに姫路や加賀谷等サ
ポート要員無くしてクリアは不可能でしたが、一方
で緋呂斗の成長無くしても切り抜ける事は出来なか
ったのではないか。まだ真の7ツ星には遠く及ばな
いながらも着実に実力を伸ばしている、特に今回は
危機的状況に追い込まれれば追い込まれる程、そん
な緋呂斗の成長具合が際立って感じられました。
 ゲーム内容に関しても読み応えは充分。むしろ複
雑な駆け引きが要求される『不等辺三角関係』は次
への前座的扱いで早い決着だったのがちょっと勿体
無い位でした。いつか緋呂斗の偽りの足枷が消えた
時に、番外編の真剣勝負として見てみたいかも。

既刊感想:

理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?3

[著者:三河ごーすと/イラスト:茨乃/MF文庫J]★★

理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?3 (MF文庫J)

理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?3 (MF文庫J)

 グラン・マリアの暴走が人類滅亡の危機を招こう
としている。彼女を食い止める事こそが人類が生き
延びる手段であり、冬真からすれば彼女こそが目下
の敵対者となる。しかしながら、今回一挙に明るみ
に出た色々な要素が絡まり合って、単純にグラン・
マリアを害悪とは切り捨てられない複雑さも持ち合
わせていたような印象でした。十二老頭評議会も善
だ正義だとは支持し切れない裏もあるみたいだし。
 雪奈の持つ特殊性と胞子獣との関連性、切れない
糸で繋げられているような、その影響がどんな形で
出て来るかは見通せない。そこに加えて、嬉しいん
だけど素直には喜べないラスト直前のこれ。とりあ
えず新たな問題の種になるのは間違いなさそう。

既刊感想:

西野 ~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 6

[著者:ぶんころり/イラスト:またのんき▼MF文庫J]★★

 西野を独占したいローズにとって、学校内最底辺
で誰からも疎まれ蔑まれている状況と言うのはむし
ろ好都合で、西野の言動から地位回復は無理難題だ
とローズ自身も理解している。だから誰も今の西野
になど好感を持たない、と油断や隙が現れてしまっ
たのかも知れない。ガブリエラの一撃(一言)は見
事にローズのその隙を突いたもので、今度はフツメ
ン自身は全く望んでいない争奪戦でも勃発するんで
しょうかね。西野が気になりつつあるような委員長
も絡んでくれたら更に面白い事になりそうですが。
 あと地位向上を目指すなら、西野自身がカッコつ
け勘違い野郎を脱却すべきなのですが、眺めてる限
りでは誰が何言っても変わりそうにないですね。

既刊感想:

本能寺から始める信長との天下統一1

[著者:常陸之介寛浩/イラスト:茨乃/オーバーラップ文庫]★★

本能寺から始める信長との天下統一 1 (オーバーラップ文庫)

本能寺から始める信長との天下統一 1 (オーバーラップ文庫)

 織田信長がどんな性格だったかと言うのは、それ
こそ当時の時代に行って実際に確かめる手段でもな
ければ本当の所はどうなのか分からない。ただ、現
代の世間に広く知られているイメージみたいなもの
もあって、そう言うのと照らし合わせてみると、本
能寺の変で死を遂げずに生還してしまったこの織田
信長は、ちょっと一味違うなって印象でした。それ
が気に入らないとか違和感あるとかではなくて、想
像と違っていた所が何だか面白いなって感じで。
 歴史を変えないように立ち回るのではなく、逆に
積極的に変えて行こうとしているような真琴の振る
舞い。既に信長延命で変革は起こっていますが、こ
の先既知の歴史がどう動くのか気になる所です。

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)2

[著者:黒留ハガネ/イラスト:カット/オーバーラップ文庫]★★

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 2 (オーバーラップ文庫)

世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) 2 (オーバーラップ文庫)

 年齢的には確かにババァだが、そこはロナリアか
リナリアでいいんじゃないか、と何となく思わされ
る程度にはババァ塗れでした(文章表現的に)。異
世界人かつ高齢者だから、別にババァ呼ばわりされ
ても何とも無いのが当たり前なんでしょうけど。日
本語での意味を理解した所で何せ本名ですからね。
 まあババァ雑談はさておき。今回は割と内輪向け
マッチポンプと言ったらいいのか、佐護や鏑木が
盛大な仕掛けの準備に奔走してはいましたが、結局
は翔太と燈華の新たな経験による成長を促す事が目
的のようだったし。それにしても二人の事を思うと
やり過ぎな気もしましたけどね。佐護の扱いがこん
な具合で、今後どう展開して行くのでしょうか。

既刊感想:

デッド・オア・リライブ ~天才科学者がやり直す人生は成功しますか?~ 1

[著者:黒田達也/イラスト:しの/オーバーラップ文庫]★★

デッド・オア・リライブ ?天才科学者がやり直す人生は成功しますか?? 1 (オーバーラップ文庫)

デッド・オア・リライブ ?天才科学者がやり直す人生は成功しますか?? 1 (オーバーラップ文庫)

 これは非公式極秘の秘密裏にでなければ開発推進
なんて絶対無理だろう、と思わされる程に相当ヤバ
いプロジェクト。メイン開発者の徹平が実験台とし
て跳ばされてしまったので、元の現場状況がどんな
だったか把握出来てませんが、案外あとがきで言わ
れているように積極的な『自主安楽死』が目的であ
り狙いだったのではないだろうか? 徹平の目指す
所はあくまで『更生再起』だったとしても、権力を
持った別の人間達の思惑は……どうでしょうかね。
 まあ深く考えても徹平に現状戻る術がないので、
安楽死を回避し生き続ける為にはミッションこなし
て行かなければならないわけですが。やっぱり更生
目的としては難易度の設定が相当高めだよなあ。

本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!

[著者:しめさば/イラスト:切符/ダッシュエックス文庫]★★

 嫌だ嫌だと拒絶のポーズを取りながら、それでも
結局エルシィの誘いに乗ってダンジョンに入ってし
まうのは、アシタ自身がダンジョンに惹かれてしま
う何かを感じているからじゃないのかなあ、と思っ
たりもしたのですが。虚弱体質の癖に妙に根性ある
と言うか、アルマの聖魔術で即回復するとは言え、
骨が何度もポキポキ折れたら激痛を何度も何度も味
わうだろうし、そのまま心も一緒に折れてしまうで
しょうよ。なのになかなか折れない、妙な心の強靭
さを備えてる辺りがアシタの面白い所ですよね。
 近場のダンジョンは緊急事態で再度潜れるかは微
妙な状態、エルシィは出張中、一応アシタに平穏が
戻ったようにも見えますが果たしてどうなるか。

ハル遠カラジ3

[著者:遍柳一/イラスト:白味噌ガガガ文庫]★★

ハル遠カラジ (3) (ガガガ文庫)

ハル遠カラジ (3) (ガガガ文庫)

 「こいつの言ってる事サッパリ分からん」っての
が終盤の一幕にあって、テスタが同じような事をそ
の相手に告げてたのですが、その辺りは理解し難い
からこその異質さや異常さなのかも知れません。
 扇動している存在が本当に実在するのか不明で、
絶望感を嫌と言う程味わわされて、こんな状況で一
体どんな希望を抱いて前に進めばいいんだろう。人
工知能の精神障害AIMDだって、医工師ウシャル
のお陰で緩和されたとは言え、テスタのそれは完治
したわけではないし。前半でテスタとハルの親心子
供心みたいな様子を垣間見れて、退廃した雰囲気の
中でもほんのり明るい光が確かに灯っていると感じ
られただけに、この展開は余計に辛いですね……。

既刊感想: