ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹

[著者:西尾維新/イラスト:竹/講談社 講談社ノベルス]★★

ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社ノベルス)

ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社ノベルス)

 因果律。運命。縁。物語。内側の存在。外側の存在。“最強は最弱”と“最弱は最強”
のバランス。“死なない”研究。“死なない=生きている”ではない。”死んでいる=生
きていない”でもない。ジェイルオルタナティヴ(代替可能)。バックノズル(時間収斂)
……と、押さえとくべきはこんなとこか〜? 脳味噌に叩き込みたい要点が多過ぎて、許
容量の狭い私の頭はちとオーバーヒート気味だったけど、対木賀峰約、対円朽葉、対匂宮
出夢、そして対西東天……どれもこれも心惹かれる対話ばかりで凄く良かったなぁ。
 いーちゃんって、自分が『外側』に居る振りをして自分でそう思い込む事でそれが本当
だと塗り固めていながら、実はどうしようもなく『内側』に篭った存在なのかなぁ、と漠
然と考えてみたり。『外側』にはみ出してる人達に凄く焦がれているような感じで。
 でも『外側』の人達から見たいーちゃんってのは、既に突破しているのに内側に残って
いたいような、そういう風に捉えてる気がするんだよねぇ。“境界線上に揺れながら立っ
ている”のが一番しっくり来る表現なのか。さて、最終章で見極められるかどうか。

既刊感想:『戯言シリーズ』感想一覧