DDD2

[著者:奈須きのこ/イラスト:こやまひろかず/講談社 講談社BOX]★★

DDD 2 (講談社BOX)

DDD 2 (講談社BOX)

 あー。やっぱりその人の本質をよく把握も理解もしない内に、憶測だけで“一般人に見
える”なんて言うもんじゃなかったな。霧栖は紛れもなくどうしようもなく異常だわ。悪
魔憑きではないけれど、分類すれば一般人に入るのかも知れないけれど、これだけ見事に
悪魔憑きと渡り合えているのだから、彼も異常という括りが適しているのだと思う。
 で、今回は凄かった! 凄い本気を感じた! ……よもやそれが野球とは。熱血高校球
児とは。全くの想定外、しかもめちゃくちゃ熱い高揚感溢れる展開。霧栖と鋳車のかつて
果たされる事のなかった因縁の勝負、過去を清算する為の決着、堪らなく良かった。
 今回は一巻目から見て、一旦過去に遡り、また現在に戻って未来へ向かう展開。アリカ
が請け負った最初の悪魔憑き事件、その顛末は埋まったけれど、まだ他に色々と埋まって
いない“穴”がある。カイエの事、日守秋星の事、カナタの事など……本物の悪魔や重度
の悪魔憑きの心理ってやつはさっぱり分からんなぁ。理解不可能だ。……でも、もしそれ
らの理解不可能の穴が埋まって理解可能になれば、物語は益々加速して盛り上がってくれ
るんじゃないかなぁ? 果たして次はどんな穴を埋めてくれるのか、楽しみに待つ。

既刊感想: