レインツリーの国

[著者:有川浩/新潮社]★★★

レインツリーの国

レインツリーの国

 同著作『図書館内乱』の中で登場した小説を実際に書籍化したもの。こちらを先に読め
ば事前情報が無い為ひとみの事が伏せられたままで楽しめるし、図書館内乱を先に読んで
いれば、小牧がどんな気持ちでこの本を薦め、手にした毬江がどんな思いでこの本に触れ
たのか、というのを想像しながら楽しめる。どちらからでも美味しくなるような仕組み。
 これはね、仮に自分が伸の立場だったらどうか? と思わず考えてしまって「ああ……
こりゃどう逆立ちしたって伸のようには振舞えないわ……」と思い知らされた(そもそも
見ず知らずの初対面メールでここまで押し広げられんよ)。いや、たとえ何かの間違か奇
跡が起こって直接対面まで進めたとしても、伸の「俺以外の奴だったら切れてる」の言葉
通り、やっぱりひとみのような女の子を持て余して逃げてしまうような気がする。
 共感を得たとしても、強烈に惹かれて「好き」という気持ちが湧き上がったとしても、
なかなか伸みたいには出来ない(ひとみの事を知ったら尚更)。それでも、どんなに衝突
しても擦れ違っても、第一印象のからの「好き」を切らずに捨てずに抱き続ける伸は本当
に「すげぇな」と思う。伸の言い分と、ひとみの言い分と、どちらの感情ともに痛い程よ
く分かるのだけど、私は大抵の場合ついつい伸の想いの方に引き寄せられてたなぁ。