マリア様がみてる 薔薇の花かんむり

[著者:今野緒雪/イラスト:ひびき玲音集英社 コバルト文庫]★★★

 シリーズ第29巻。祐巳が祥子と姉妹になってから数え
てシリーズも29冊。ここまで重ねて遂にというのかな?
卒業間近で祥子が離れつつある雰囲気は数巻前くらいか
らあったのだけど、今回ハッキリと明確に“世代交代”
の流れを感じ取る事になった。
 大きな要素は勿論祐巳瞳子の姉妹誕生の儀式。ここ
に至るまで長かった……ほんっとうに物凄く長かった……。
それだけに、最高のシチュエーションでのロザリオ受け
渡しの儀式を目の当たりにした時は、感動も喜びも嬉し
さもひとしおで。ただ、幸せな気持ちではあるのだけれ
ど、祥子との別れが目前に迫っている事実をふと思い出
すと、急に寂しさが込み上げてきたりも。祐巳瞳子が
正式に姉妹になった後は、余韻に浸る間もなく三年生を
送る会と山百合会でのお別れ会が立て続けに開催され、
あっという間に過ぎ去って行ったので、迫る卒業の別れ
に対して余計寂しさが募ってしまったのかも知れない。

 既刊感想:『マリア様がみてる』感想一覧