みすてぃっく・あい

[著者:一柳凪/イラスト:狐印/小学館 ガガガ文庫

みすてぃっく・あい(ガガガ文庫 い 3-1)

みすてぃっく・あい(ガガガ文庫 い 3-1)

 第1回小学館ライトノベル大賞『期待賞』受賞作。
 これはまさに“イラストに釣られてしまった誰かさん”
状態ではないか〜。ライトでポップな雰囲気とは裏腹に、
結構重く圧し掛かってくる内容(主に中盤以降が)。そ
れに加えて物凄く“濃い”(主に三輪先輩が)。手っ取
り早く言うならば「ちょっと先輩! 貴女の薀蓄はマニ
アック過ぎて聞いてると脳味噌擦り切れそうです!」っ
てな具合。正直誰か歯止めを効かせてくんないかな〜?
 とか希望してた。……無知でごめんよ先輩。
 一応『平行世界』のテーマで、先輩の薀蓄の中にそれ
を解くヒントが幾つも込められている(らしい)っての
はぼんやり掴めてたのだけど、果たして途中から脱落気
味だった私はどれだけ噛み砕けて理解出来たのやら。つ
いて行けなかった自分が悔しい……。
 『虚数の庭』という書籍を読んで眠り、夢をみて、そ
の夢に定められた“文字列”を分解して再構成して別の
形に並べ替える事が出来れば、別の平行世界に飛べる、
という解釈で合ってる?(どうですか先輩)。ただ、そ
の夢の中にも夢があって、更に夢の中の夢の中にも……
と無限に枝分かれしてるらしく、一旦別の世界に飛んだ
ら(飛ばされたら)スタート地点の世界には戻れないか
も、と。エピローグではその辺が見事に強調されていて、
何かこうもやもや〜っとしてるんだけど、この物語には
相応しい結末だったのかなと。