カッティング 〜Case of Mio〜

[著者:翅田大介/イラスト:も/ホビージャパン HJ文庫]★★★

カッティング ~Case of Mio~ (HJ文庫 は 1-1-1)

カッティング ~Case of Mio~ (HJ文庫 は 1-1-1)

 第1回ノベルジャパン大賞『佳作』受賞作。
 リストカットを含む自傷行為に走る精神状態。たとえ
類似的状態にある人であっても事情は個々で異なるもの
だから、きっと当事者にしか分からない。ましてや健常
者には到底計り知れないもので理解が及ぶわけもなく。
ただ、イメージとして常に意識が“死”に向かっている
と思っていたのだけど、ミオの場合はそれとは真逆の意
識――自己存在を確認する=生きている事を実感する行
為として描かれていたので、良い意味で意表を突かれた
なぁと(ミオについて伏せられていた真実を知った時点
で成る程と納得させられた)。
 しかし、真実を知った上でミオをまるごと受け留め受
け入れるのはなかなか容易な事じゃないよな〜。たとえ
共感を得易いかも知れない特殊な精神疾患を持つカズヤ
であっても、それは同様の事だったと思う。だって、一
度ミオのなかに施されたものってのは、今回の件が落着
した所で“取り除きようがないもの”だから。少なくと
も現時点ではね。
 ただ、それでもカズキがミオを受け留め受け入れられ
たのは、本当に単純に“好きだ”って気持ちを強く大き
く上乗せする事が出来たからじゃないかな?(そうであ
れば素敵な事だと思うんだけど……)。ともあれ最後は
偽りの無い微笑が見れて凄く嬉しかった。