ライトノベルサイト杯

 投票締切ぎりぎりまで粘って読めるだけ読んでみる。