修道女エミリー 鉄球姫エミリー第二幕

[著者:八薙玉造/イラスト:瀬之本久史/集英社 スーパーダッシュ文庫]★★

修道女エミリー―鉄球姫エミリー第二幕 (集英社スーパーダッシュ文庫)

修道女エミリー―鉄球姫エミリー第二幕 (集英社スーパーダッシュ文庫)

 相変わらずセクハラオヤジ全開のエミリーは新しい
“オモチャ”を手に入れた! 姫妄想癖を持つ“オモチ
ャ”こと護衛騎士グレン君が抱いていた麗しのエミリー
像は哀れ木っ端微塵に……わはははははは〜っと思わず
笑っちまったよゴメンなグレン君。
 しかし、最初はご主人様が弄られ役の飼い犬に精神的
苦痛を与えるような関係だったのが、終わってみれば絶
体絶命の危機に瀕した『お姫様』と彼女を命懸けで救っ
た『騎士』という関係に発展してるじゃないか! おお
おー、今までエミリーには恋愛要素が壊滅的に皆無だっ
たのでこれは是非とも進展して欲しい所。一応エミリー
はグレンの事認めてくれたし、グレンはエミリーの優し
い部分に気付けたようだから、可能性はあるよね?
 んで気になるのは今後の展開。幼きラゲーネン王・ガ
スパールが登場した今回、これはいずれエミリーと直接
的に絡むという予兆なのかどうか。ガスパール派のノー
フォーク公ジョゼフがエミリー暗殺計画を企て続ければ、
現在エミリーが継承権を破棄しているとしても、血生臭
い抗争に否応無しに巻き込まれて行きそうだよなぁ。ジ
ョゼフを裏切った形のグレンも微妙な立場だし……うう、
未だに不吉な予感と不安ばかりが募ってしまう。

既刊感想:鉄球姫エミリー