地を駆ける虹

[著者:七位連一/イラスト:光崎瑠衣メディアファクトリー MF文庫J]★

地を駆ける虹 (MF文庫J)

地を駆ける虹 (MF文庫J)

 第3回MF文庫Jライトノベル新人賞『佳作』受賞作。
何かに憧れを抱いてもそれに近付こうと努力をせず、卵
が孵らないなら孵らないなりに自身の力を伸ばす方策は
幾らでもあるのに口に出るのは虚勢と泣き言ばかり、仲
間内で役に立てないのは自業自得なのに指摘されるとヘ
コみまくり、見栄で固めた虚言がバレそうになれば逆切
れして暴走……ダメだこの主人公。終始一貫して痛々し
くて見てらんない。
 でも、これは物凄く分かり易いキャラクター像だと思
う。徹底して精神的成長ゼロなヘタレた主人公を描き切
っているという事、なんか読み手の反応をかなり意識し
つつ計算して仕掛けている風にも見える。ネイブに対し
“痛々しい”とか“ヘタレ”とか当たり前のように思わ
された時点で、逆に書き手側の手玉に取られてしまった
かのような、そういう計算高い巧さも垣間見れたのかな
と(まあダメだこいつって気持ちは変わらんけど)。
 エレメントに関する設定色々、面白いなぁという感触
は結構得られたのだけど、今回はあまり活かしきれてな
かったような印象(こちら側にサッパリ良い見せ場が無
かったせいだろうか?)。融合攻撃とかはうまく盛り込
めれば見せ方の幅が広がりそうなので、次に期待かな。
あとはネイブのヘタレっぷりがなんぼかマシになってく
れてますようにと願うばかりだ。だって、やっぱし痛々
しいのよりは成長する過程を見たいもの。