SHI−NO ―シノ― 支倉志乃の敗北

[著者:上月雨音/イラスト:東条さかな富士見書房 富士見ミステリー文庫]★

 シリーズ第6巻。意味深なタイトル。まさかトランプ
の『ダウト』で嘘を見破られた事を指して『敗北』と言
ってるんじゃないよな……と思って読み進めてたけど、
さすがにそれはなかった。これって支倉志乃が“自発的
に”敗北の道を選んだって意味なのかなぁ?
 そもそも今回の事件の顛末を『敗北』と括っていいの
だろうか、と考えて「う〜ん……」と首捻ってしまった
りも(あんまし敗北って言葉に捉われ過ぎない方がいい
のかねぇ)。どちらかと言えば志乃より失敗を悔やんで
いる『僕』の方に敗北を背負わされていたような感じ。
 志乃の感情の変化は『僕』視点からだけど確かにこれ
までより強調されていた。早い段階で志乃の思考が真相
に辿り着いていたにもかかわらず、あえて“『僕』の為”
に敗北を選択した事から考えてもそれは明らか。
 ……しかしその事を喜ぶべきかどうか。真白の言葉が
不吉な影を落とす。志乃の『僕』に対する感情が隠し切
れない程大きくなれば間違いなく破壊を呼び破滅に導く、
と。普通なら志乃の感情変化でニヤニヤさせられるとこ
なんだがなぁ。意味深な発言でそうも行かなかった。

既刊感想:黒き魂の少女
     アリスの子守唄
     天使と悪魔
     愛の証明
     呪いは五つの穴にある