流血女神伝 喪の女王5

[著者:須賀しのぶ/イラスト:船戸明里集英社 コバルト文庫]★★

喪の女王〈5〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

喪の女王〈5〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

 これまでカリエ中心で目まぐるしく状況が動きまくっ
てたのも、ネフィシカに軟禁されしまったので一時停止
状態。このままだと一時どころか長期停止せざるを得な
い事にもなりそうな予感。しかし一旦落ち込んで深く沈
んでも、ちゃんと浮かび上がって抗い足掻こうとする気
持ちの強さがカリエの真骨頂。決して脱走を諦めている
訳ではなく、ただ今はじっと機を待ち我慢の時か。
 カリエが動けない代わりに他の重要箇所同時進行。こ
れがまたどこもかしこも、「ここで別のシーン切り替え
るのか!?」って思わず言葉が漏れる程の寸止め食らわ
されてすげー先が気になる。何というお預け状態。
 色々印象に残る所はあったのだけど、今回特に沁みた
のはルトヴィアの排水・排泄汚染の惨状、それを真っ向
から受け留め受け入れようとするミュカの奮闘ぶり、そ
してドーンとサラの別離の会話シーン。最底辺から僅か
に上昇傾向? と思ってた矢先にドーンが……。もう見
てらんないくらい過酷な現実。何とかルトヴィア再生、
快方に向かって欲しい、と願わずにはいられない。

既刊感想:『流血女神伝』感想一覧