流血女神伝 喪の女王6

[著者:須賀しのぶ/イラスト:船戸明里集英社 コバルト文庫]★★

喪の女王〈6〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

喪の女王〈6〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

 女神を求め、女神にすがろうとする者達が道に迷い落
ち目にあり、逆に女神に抗い、元より女神の存在など意
に介さず、女神の呪縛から解き放たれた者達が為すべき
道を正しく真っ直ぐに突き進んでいる現状。前者はサル
ベーンにネフィシカ、後者はカリエにエドにラクリゼ。
 今回目を引いたのは、ザカール人視点で描かれたザカ
リア女神の書物について。実際に触れたカリエと同様に、
ちょっとこれまでとは違う印象があった。とりわけ“人
間の立ち位置に女神自らが降りて話し掛ける”なんて件
とか。遥か高みから見下してるイメージがあったので、
確かにザカール人の中ではこういう見方をしていた者が
居た、という事実は結構新鮮に感じられたかなぁ。
 で、今ユリ・スカナのザカール人達に接しているカリ
エの姿って、この書物の中のザカリア女神そのままに見
えた。以前みたく女神に近しくあっても鬱々とした雰囲
気はなく、むしろ活き活きと輝いて見える。この大きな
変化が状況打開へ確実に向かっているものと思いたい。

既刊感想:『流血女神伝』感想一覧