流血女神伝 喪の女王7

[著者:須賀しのぶ/イラスト:船戸明里集英社 コバルト文庫]★★

喪の女王〈7〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

喪の女王〈7〉―流血女神伝 (コバルト文庫)

 己の力が到底及ばぬ事態に遭遇すれば「それは神々の
意思だから」と考え、大きな壁が立ち塞がれば「それは
神々の試練だから」と言う。神々に依存し、神々に束縛
され、神々に支配される……この壮大な物語は、そんな
当たり前で常識と信じ疑いもしなかった現実を、根底か
ら破壊し新生させようと足掻く人間達の物語なのかなぁ
と。そんな風に思うのは今更なのかも知れないけれど、
終着点が近付き始め色々見せて貰えた今だからこそ、よ
うやく明確に捉える事が出来たような気がする。
 思えばカリエは最初からずっと、女神に抗い続けて常
識を覆し己の意思を貫き通して来た。そんな意思を自分
だけのものから徐々に周囲に広げ、今や多くの者達に影
響を与えつつ新たな可能性を結実させようとしている。
 カリエの逃亡先は大体定められたようだけど、今回の
ラストを見る限りではまだ二転三転ありそうな予感も。
ルトヴィア、ユリ・スカナ、エティカヤのバランスも一
体最後にはどうなっているのか全く予測出来ない。最終
巻でどんな結末を見せてくれるのか凄く楽しみ。

既刊感想:『流血女神伝』感想一覧