MAMA

[著者:紅玉いづき/イラスト:カラス/メディアワークス 電撃文庫]★★

MAMA (電撃文庫)

MAMA (電撃文庫)

 何かの代償を支払い別の何かを得て、何かを得た代わ
りに今度は違う何かを失い、その失ったものを埋めるよ
うにして新たな何かを得る……そんな得失の繰り返し。
 端から自分は不幸だと決め付けていても、必ず何処か
で背負った不幸と同等の救いや幸福が訪れ、もしそんな
救いと引き換えにまた別の何かを失ったとしても、別の
救いが必ず消失の穴を埋めようとする。人生なんてそん
なもの。一生の内、決して不幸が幸福を上回る事はなく、
幸せの方が余分に訪れるように出来ている……という事
を激しく訴え掛けている、ように感じられた物語。
 大切なのは、そういう事を「心底告げてあげたい!」
と思う相手が、自分自身の力で気付けるかどうか(本編
で言うならトトって事になるのか)。トトが本当にそれ
に気付けたのは、多分自分を見ていたのはホーイチだけ
ではない、と理解した時。トトは最初からひとりなんか
じゃなかったのだけど、もしかしたら様々な不幸な状況
がその事実を見失わせていただけだったのかもね。
 『MAMA』と『AND』、共にラストは、トトは幸
福への道標を確かに見付けて辿る事が出来たんだなぁ、
と感じさせてくれるもので凄く嬉しかった。