ソード・ワールド・ノベル ダークエルフの口づけIII

[著者:川人忠明/イラスト:椎名優富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 囚われの警備兵アマデオ。彼の知る『表』と知らない
『裏』とで新事実が色々発覚。アマデオには単なる弱い
ままのいち警備兵で終わって欲しくない、と期待を寄せ
てはいたものの、こんな大きな秘密があったとは……。
 にしても今回の事態、口に出して言いたい事がことご
とくネタバラシに繋がってしまいそうで困った。途中ま
ではアマデオ救出と囚人暗殺という単純明快な任務だっ
たのに、アマデオと囚人の男が出逢ってから主に人間関
係が一気に複雑混迷になってしまったなぁ。
 とりあえず押えておくべき疑問点は、アマデオの出生
とエビータとの関係についての真実は? ベラが自らの
存在を隠してまで遂げようとしている目的は? という
辺りか。あとはベラを始め極少数しか知らないララサベ
ル公爵の“秘密”をエビータも知っているらしく、その
事が後々どんな風に影響してくるか? とか。
 ラストで表向きベラがこんな状況で、アマデオとは一
旦完全に……なっちゃったんだけど、彼女から預かった
ものを返す為にきっとまた……と、希望を抱きつつ、更
に深い闇に沈み込みそうな物語の結末を辿ってみたい。

既刊感想:III