SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

おあいにくさま二ノ宮くん2

[著者:鈴木大輔/イラスト:高苗京鈴/富士見ファンタジア文庫]★

 なんてこった……真由の妄言・妄想・暴走を止める奴が誰も居やしねえ。そう思うと、短編集では殆ど不在な麗華の存在って、天然入った真由に対する抑止力になってたんだなぁと改めてしみじみと(いや、しかし、真由ってこんな容易くぶっ壊れてしまう娘だったっけ?)

 他人の言葉――主に普段連れ添ってる峻護の言葉を全く聞かずに我が道を突っ走る真由に、新キャラ・まつり&君江を交えての大騒動+麗華のツンデレ全開な子守騒動を含めた短編集。前の時も感じたんだけど、長編で結構介入してるシリアスムードな展開よりも、こっちの軽くてお馬鹿なドタバタ劇の方がしっくり来ていいな。

 麗華は多用し過ぎると、真由に過剰に突っ掛かりまくりでぎすぎすしそうな気がするので、もっと出たいと思ってるかもしれない麗華には悪いけど、短編集はこれくらいの登場頻度でいいんじゃない? あとがきで身体を張った18禁もどきなサービスしたって釣られない……危うく釣られそうになったけど釣られませんよ。

 今後の希望としては、まつりと君江が短編のレギュラーキャラとして定着してくれると嬉しいかな。あと峻護はせめて真由を止められる程度には役立ってくれよ〜。

既刊感想:ご愁傷さま
おあいにくさま