DOORSI まぜこぜ修繕屋

[著者:神坂一/イラスト:岸和田ロビン角川書店 角川スニーカー文庫]★★

 これだけ「なぜそうなる?」「どうしてそうなる?」
が溢れ返ってるのに、不思議と疑問を抱かせない、抱く
隙を与えない“勢い”に圧倒された。ある意味、妹(智
紗)に対する姉(美祢)の愛のなせる業? とか。
 あとがき眺めた限りでは、物凄い行き当たりばったり
感がひしひし伝わって来るんだけど、結構そういうポー
ズを取っている裏では「なぜ? どうして?」の疑問符
が後々ちゃんと外れるような事を考えているかも知れな
いなー、神坂さんの場合。でも、何の脈絡も伏線も無く
いきなり『完』ってのだけはヤメテ下さい……。
 美祢の世界がえらい事になってしまった原因。もしか
したら……美祢がドアを潜って他の世界で修繕作業をし
ているのと同じ事を、別の誰かがやっていた(或いは今
もやってる)せい、なのかなぁ? 全くの憶測で当たっ
てる自信皆無なんだけど。ほら、4話目が元の世界に酷
似した別世界を壊す、ってエピソードだったから、何と
なく同じ事を他の誰かもやってたりするのかな、と。ま
あともあれ、果たして諸々の疑問符が外れてくれるのか
どうか、見通し利かない今後の行方が楽しみ。