螺旋のプリンセス1 ぼくと自転車の騎士

[著者:椎野美由貴/イラスト:瀬田ヒナコ角川書店 角川スニーカー文庫]★★

 とりあえず、何を置いても聖が“女の子っぽい男の子”
じゃなくて心底ホッとした! いや、そんなだったら高
確率で直哉と「アーッ!」な関係になっちゃうって危惧
を抱いてしまったんだよ(まあ角川スニーカーで、んな
展開にはならんだろうとは思ってたけど……)。
 それに聖ってかなり保護欲を刺激する、所謂“抱き締
めたい程守ってあげたい娘”なもんで、もしそれが男の
子だったとしたら……何となくやばい方向に気持ちが傾
いてた、かも知れないし……女の子で良かった!
 物語の方は、気弱なお姫様と彼女を守護する為に戦う
騎士、な感じの内容。設定面で色々凝った仕掛けがある
風にも見えるけれど、割と“姫と騎士”の真っ向勝負。
 途中まではどうも聖が自己主張出来ずに流されまくっ
ていたり、直哉の過去がぼかされていたりでなかなか波
に乗れなかったんだけど、終盤一気に来た。意外に重い
もの背負ってた直哉の過去が特に印象的に響いて良かっ
たなぁ。今後の聖と湖子との三角関係は勿論気になるけ
れど、過去の若葉様との関係もちょっと見てみたい。