螺旋のプリンセス2 秘密の塔の眠り姫

[著者:椎野美由貴/イラスト:瀬田ヒナコ角川書店 角川スニーカー文庫]★

 「守られてばかりな弱い自分を変えたい」な聖と「一
人で抱えてないで遠慮せずもっと頼れ」な直哉の張り合
いみたいなもの。二人の状況は把握してるので、どちら
の言い分もよーく分かるんだけど、ここはやっぱり同姓
視点で直哉に肩入れしたくなっちゃうな。思う存分身を
委ねて守られてあげたらいいのに、ってな具合で。
 今回で気になった部分を拾うとすれば、作中にあった
挿話と鳩山さんが聖の中に起こして『姫』と呼んでいた
存在について。てっきり若葉様かと思ってたけど何か違
ったみたいだ。じゃあこの展開にどんな意味が? と考
えると首を捻らざるを得ないんだけど、聖と直哉の関係
の比較対象として描かれていたんだろうかねぇ?
 最初の頃は恋愛に鈍感なイメージがあった直哉も、し
っかり聖を意識しているようで一安心。ただ、楽しみに
していた湖子を含めての三人の絡みは極めて薄かったの
で残念。逆にバトル次ぐバトル多量でちと胸焼けが……
この辺の戦闘描写は各々の“天使列”使用の見せ場でも
あるんだけど、もうちょい控えめな方がいいかなぁ。

既刊感想: