銀月のソルトレージュ3 琥珀の画廊

[著者:枯野瑛/イラスト:得能正太郎富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 んー? あれ? 前巻から読む期間を開け過ぎたせい
かなのかどうか、確か色々明かされた筈の事がすっかり
頭から抜け落ちてしまってる。どうしよう……。いや、
でも、この巻は主人公であるリュカが不在なんだからし
ょうがないよ。彼が居れば、まだ前巻までで明かされた
事実にも迫れたと思うんだよ。そういうのが今回のスト
ーリー展開にあまり絡んでなかった気がするんだよ。
 ……と、まあ言い訳はこんなもんで。今回はリュカが
消えて、ジネットがどう動くか? って所が焦点。それ
と彼女に絡めてのアリスの気持ちを見せる辺り。ただ、
何か大きく動きそうな予感はあれど、やっぱりリュカが
表に出て来てくれないと、結局はどれもこれも足踏み状
態になってしまうわけで。インターミッションの過去話
みたいなのもちと断片的過ぎて、どんな形で物語に絡ん
でるのか把握し切れない部分が多かったしなぁ。
 ラストでようやくリュカ再登場。しかし置かれている
状況がこれまたよく分からん〜。なもんで続きに期待。

既刊感想: