DクラッカーズV 追憶―refrain―

[著者:あざの耕平/イラスト:村崎久都/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

Dクラッカーズ〈5〉追憶―refrain (富士見ファンタジア文庫)

Dクラッカーズ〈5〉追憶―refrain (富士見ファンタジア文庫)

 「す、好きだっ!」と、僅か0.5秒の返答。梓が待
ってたこの言葉を告げるのにどんだけグズグズしてたん
だか、って話。著者のあざのさん曰く「この物語の男ど
もはことどとくヘタレ」なんだからまあ仕方ない、か。
 全て終ったと思っていた事は実はまだ終っておらず、
手に入れた平穏は嵐の前の静けさに過ぎず。これまでと
決定的に違うのは、カプセルと悪魔召喚の直接的な暴力
によって侵食されるのではなく、知らぬ間に気付かぬ内
にごくごく自然に“何か”を失わせてしまう点。
 景の過去の記憶と、彼が生み出した『女王』との接点
と、彼女が告げる王国建国について。外枠は今回でほぼ
出揃った感触だけど、細部はもうちょっと見えていない
箇所もある(この辺の手応えは富士ミス版と一緒)。
 あとは最後の景と梓の会話。やっぱり何度読んでも凄
く良いね。同時にここは大切なものを失う別れの時でも
あるんだけど、シリーズ中屈指の名シーンだよな〜。

既刊感想:『Dクラッカーズ』感想一覧