沙の園に唄って

[著者:手島史詞/イラスト:井戸端海二/富士見書房 富士見ファンタジア文庫

沙(すな)の園に唄って (富士見ファンタジア文庫)

沙(すな)の園に唄って (富士見ファンタジア文庫)

 第19回ファンタジア長編小説大賞『佳作』受賞作。
 神子とは? 災いの箱とは? <詞>とは? 神魔と
は? 晶術とは? 織音術とは? 龍人とは? こちら
から問い掛けたい要素の数々。個々の部分で少しずつ足
りなくて、それらが合わさった全体を眺めると結構足り
ない、という感触。充分に返答が得られなかったっての
かなぁ。それぞれの噛み合せも読んでいてどうもしっく
り来なくて、そこで何を見せたいのかは把握出来ても、
詳細までしっかり掴ませてもらえない。そんな印象。
 訳ありな女の子が主人公で一人称視点、彼女を気に掛
ける男が二人。その辺りに触れると、雰囲気は何となく
少女小説っぽく。ただ、尺が足らないせいか三角関係な
ラブロマンスにもなれず(この要素が前面に出ていれば、
かなり好みな内容になってたと思うんだがなぁ……)。
 なんか、一冊でこじんまりと纏めるのが勿体無い物語
だったね。リッカの欠落した記憶の事、神子としての役
割の事、カノンとの触れ合いやクラウスとの切ない対峙
の事、もう少しじっくり聞かせて欲しかったな。