DOORSII 新たなる敵を修繕せよ!

[著者:神坂一/イラスト:岸和田ロビン角川書店 角川スニーカー文庫]★★

 「あるあ……ねーよ!」と突っ込み入れたくなった箇
所数知れず。理不尽なバカ騒ぎのお陰で、常に美祢と共
にあったこの物語の“メインテーマ”ってやつをすっか
り見失ってしまってた。恐るべきは超SF解釈か。
 『普通』って言葉は割と簡単に口に出せる事だけど、
じゃあ普通ってなんなの? と、例えば普通の捉え方が
まるで違う智紗に問い詰められたりすると、意外と明確
な返答が出来なかったりする。一見めちゃくちゃやって
いて、見た目通りめちゃくちゃやってるんだけど、修繕
完了して美祢の台詞を聞いた時、実はなかなか奥深い事
が描かれていたんじゃないか? と思わされたりもした。
“普通”を面白くするのも、詰まらなくするのも、全て
自分次第。語られていたのはそういう事なのかなと。
 加速がついたと思ったら突然に終わる。そんな行き当
たりばったり加減と唐突さがこの物語には相応しい。で
も、裏を返せばこのラストからまだ突然ドアが増えて世
界がまぜこぜになってシュリンが現れたって全然不思議
じゃない。そんな終わり方が堪らなく良いね。

既刊感想: