帝冠の恋

[著者:須賀しのぶ/イラスト:綾坂璃緒/集英社 コバルト文庫]★★★

帝冠の恋 (コバルト文庫)

帝冠の恋 (コバルト文庫)

 表は絢爛豪華、裏はどろどろり、時にキュンキュンで
上擦ったりズーンと墜落したり、で最後にホロリと涙に
濡れる禁断の恋愛模様。物語の展開も、主人公ゾフィー
を取り巻く難解複雑な恋の様相も、素晴らしく起伏が激
しい。そして書き手の須賀さんはこの物語を物凄く活き
活きと描かれているなぁ、という感じがした。
 相手が遠ざかれば安堵感を抱き、近付けば焦燥感に駆
られる。本来結ばれてはならない同士の恋愛だから。な
んだけど、勿論そんなの表層だけの表情で、ゾフィーも
フランツも強かに表向きの顔を作るのが巧過ぎるから、
不意打ちのように奥に押し込めた本心が顔を出した時が
どうしようもなく切なくてねぇ……。終盤の展開の速さ
はフランツの残り火を表しているようで、なのにゾフィ
ーの心はかつてない程緩やかに穏やかに満たされて、そ
の雰囲気の対比が特に印象的で堪らなく良かった。