θ 11番ホームの妖精

[著者:籐真千歳/イラスト:くらぽん/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

θ(シータ)―11番ホームの妖精 (電撃文庫)

θ(シータ)―11番ホームの妖精 (電撃文庫)

 義経(狼さん型サイボーグ)に萌える小説。とか言っ
たらT・Bに一週間レタスサラダの刑に処せられるだろ
うか? まあフル・サイボーグなれども可愛らしい女の
子な容姿、しかしその実態は150年も生きているおば
あ……おおっと口が滑った。ともあれそんな事情なもん
で、見た目若くても精神的に達観した落ち着きのあるT
・Bよりも、急所を突付くと途端にボロが出る義経に萌
えるのが私としては楽しかったのですよ。……それ絶対
違うと言われようが何だろうが気にしない方向で。
 ハードSF的な要素は、この物語にうまく噛み合って
るのか、それとも胡散臭さ満載なのか、正直良く分から
んかった(大して理解してなかったとも言う)。ただ、
難しく並び立てた後で、T・Bが割と噛み砕いて説明補
足してくれた辺りは割と新説設計だったかも知れない。
 でも、それより何よりT・Bの視点で彼女の感情を描
く部分が凄く良かった。綺麗な所もそうでない所も、心
に響くモノが多く含まれていたなと。くるくる〜っと指
を回して描くθの意味、これがね、一番好きだったな。