ミスマルカ興国物語II

[著者:林トモアキ/イラスト:ともぞ/角川書店 角川スニーカー文庫]★★

ミスマルカ興国物語 II (角川スニーカー文庫)

ミスマルカ興国物語 II (角川スニーカー文庫)

 や、やべぇ……やべぇよゼンラーマン。そりゃもうあ
りとあらゆる意味で。つーか誰かこのどあほう王子を止
めてくれ。パリエルとかエーデルワイスとか、傍に抑止
力が存在しないと歯止めが利かねぇなホント……。
 しかしそういう馬鹿げた行為さえ、「もしや計算ずく
でやってるのでは?」なんて警戒せずにはいられない所
が余計に性質悪い(もうマヒロの言動の裏の裏を読もう
とするだけ、無駄な労力が増すだけな気がして来た)。
 たった一度のアホな行為の影に隠れてしまって、不憫
だなぁと思わざるを得ないその他の展開。実は物凄く重
要な事が語られていたりする。マヒロが単身敵地真っ只
中へ乗り込んだお陰で、初めて見えた帝国側の真意。中
原連合や北方共和国の民が抱いている帝国イメージとの
食い違い。これをマヒロは言葉の力のみでどう修正して
行くのか? 今後の主な注目点となりそうな予感。
 あと、私はパリエルが好きなんで、マヒロをどつき倒
す以外にも見せ場があると嬉しいかなぁ。まだ確定はし
てないけど、ちょっとした事実も明かされた事だし。

既刊感想: