火の国、風の国物語 戦竜在野

[著者:師走トオル/イラスト:光崎瑠衣富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 左腕は積極的にぐいぐいクラウディア姫に引かれ、右
腕は控えめに遠慮しつつもしっかとエレナに掴まれ、あ
あそれなのに当の本人アレスは何故二人に引かれ掴まれ
ているのか理由に思い至れない朴念仁……そんな未来が
頭に浮かぶ。クラウディアの剣を左手、エレナの剣を右
手に携え振るう事、アレスにとって何か深い意味がある
のだろうか? なんて考えつつ読むのもまた一興。
 これから激化確実な戦争の中にあって、今後はあまり
拝めない微笑ましいシーンかも知れないけれど、たまに
こんな一服の清涼剤的な雰囲気もあるといいなと。
 物語は帝国対反乱軍の戦争。王道満載。こういうの、
感覚的にそう思ってるだけに過ぎないんだけど、読んで
いて「凄く富士見ファンタジア文庫らしい」と思わされ
た。今回は主人公アレスの初陣を描いただけなんだけど、
めちゃくちゃ良かった〜! これからまだ全貌が明らか
にされていない反乱軍側も徐々に描かれてゆくらしいの
で、その辺りも含めて今後の展開が非常に楽しみ。