サイレント・ラヴァーズIII 作戦名<大蛇>

[著者:吉村夜/イラスト:結賀さとる富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 冒頭で、とうとう“アンタレス=セツナ”な真実が
ヒバナにバレてしまうのか、と思って読み進めてみた
ら……な、なんと! 実際には正体バレるよりもっと
ずっと過酷な展開だったわ〜。顔で怒った振りしてみ
せて、表面上で偽った本心は軋みを上げて痛みに耐え
ていたという。これは切ねぇ、ホント切ねぇよ……。
 結局真相はヒバナに最接近した後に離れて行っちゃ
ったんだけど、ラストでまた波乱含みな展開に。この
ヒバナの笑顔も、向けられたアンタレスにとってはこ
れまでとは別の意味でめちゃくちゃ辛いだろうなぁ。
 物語は次がラストとの事。多くの犠牲を払った連合
軍とカイオン軍の激戦も一旦終結した所で、そのあと
には何が残ったか? アンタレスの内部仮想世界<魂
の城>関連と、ヒバナがセツナの真相を知る事になる
のかどうか。この辺りが絡んで来そうな気がする。

既刊感想: