おあいにくさま二ノ宮くん4

[著者:鈴木大輔/イラスト:高苗京鈴富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 珍しく涼子と美樹彦が目立つポジションに置かれて
いたのでちょっと新鮮気分。と、思ってたら最後の最
後で麗華に全部持って行かれちまった! 元々麗華は
短編集では出番が少なくて割を食ってるってのに、た
ったこれだけのエピソードで存在感を最大限にアピー
ル出来てしまう貴女はすげーよ。まあネタキャラ扱い
なので屈辱感に塗れてるんだろうけど、他者を圧倒す
るインパクトで総合的には一人勝ちだったと思うよ。
 あとは上記の通り、涼子と美樹彦の出番が割と多か
った今回。峻護と真由は当然の如く弄られまくり。た
だ、傍若無人なこの二人が引っ掻き回してくれたお陰
か、良くも悪くも峻護と真由の特徴がいつもより際立
っていた……様な気がする。良き引き立て役って事な
のかねぇ。またちょくちょく掻き回して欲しいかも。

既刊感想:
ご愁傷さま
おあいにくさま