メグとセロンII 三三〇五年の夏休み<下>

[著者:時雨沢恵一/イラスト:黒星紅白アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

 『友情×努力+好奇心=勝利』の方程式炸裂。上巻
から引っ張ってた、“地下室に誰かが監禁されている
らしい事件っぽい出来事”そのものについては、最初
から単純構造なので種明かしも単純明快(一番怪しげ
でいかにも犯人っぽい素振りを見せてたハートネット
は、多分真犯人じゃないだろうなーと思ってたし)。
 なので、最も大事だったのはメグとセロンとラリー
とナーシャとニックとジェニーの絆と結束力。チーム
ワークの始まりを描くのが主目的だったのかなと。
 この流れだと、今後はハートネットを通して上級学
校で秘匿された事件=“学校の暗部”ってやつに関わ
って解決するエピソードに発展して行くような感じだ
ろうか? あとチラッと不穏な空気が醸し出されたロ
クシェとスー・ベー・イルの関係とかは、物語の背景
としてちょっと気になる所。勿論、ようやくメグと友
達関係になれたセロンの恋愛模様にも興味津々。

既刊感想: