SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

いつか、こいまち!

[著者:長谷川昌史/イラスト:作々/電撃文庫]★

 超極貧な『恋の神様』、紙飛行機で縁を結び出逢いを導く、“会合”と“引寄”の二種類の効果、懸想紙、シノビアイの葉、など。恋愛成就の為の必須項目色々、なかなか賑やかで面白楽しい設定が揃ってるなぁ、と途中まではかなり惹かれていたんだけど……そっちが恋愛成就しちゃったのかよ! ってな具合で最後にガクンと力が抜けて崩れ落ちてしまった(泉奈さんと須藤先生の事を言ってるのではないよ、と一応)。

 だってさー、こういう展開だったらまず真哉と莉奈をどうにかすべきだと思ったんだもん。それかいっそ恋の神様である甘楽自身が真哉と恋愛成就しちゃうとか、莉奈を含めて三角関係を築き上げてゆくとか。

 それなのにこいつらと来たら、他人(泉奈さんと須藤先生)の恋愛成就の事ばっかし気にしやがってー。結局真哉と莉奈の間には“会合”の力しか働かなかったのかなぁ? なんか肝心の主人公に対して魅力的な設定があまり活かされていなくて残念。せめてもう一度、次は真哉と莉奈の恋愛メインで描いて欲しい。