とある飛空士への追憶

[著者:犬村小六/イラスト:森沢晴行小学館 ガガガ文庫]★★★

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)

 骨の髄まで叩き込まれた染み込まされた格差社会に
差別社会。もし、シャルルにそういうしがらみや足枷
が無ければ。もし、出生が両種族の『混血』ではなく
最底辺階級に身を置く事がなければ。もし……だった
ら……もし……だったら……この後“もし〜だったら”
を十数回くらい延々と垂れ流したい。そんな気持ち。
 そりゃあ読み手の私が何回も何十回も「レヴァーム
も天ツ国も放り投げて、二人きりで世界の果てまでも
逃飛行してしまえよ!」と思った程だから、きっと当
の本人達=シャルルとファナの二人は、合わせて何百
回とそういう想いを募らせていたんじゃないかなぁ。
 任務の途中で惹かれ合う二人の内に秘められし感情
は一体如何ほどのものだったのだろう? と、想像を
積みに積み重ねた末に迎えたこのラストシーン……も
う耐えらんなかったよ。心の中がボロ泣きだった。
 終章は、こちら側に解答を委ねる形で“貴方のご想
像にお任せします”な締めだったのだけど、これがま
た心憎い演出で素晴らしい。ここはやっぱり、“もし”
が実現する夢のような想像に身を委ねてみたい。