SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

聖剣の刀鍛冶2

[著者:三浦勇雄/イラスト:屡那/MF文庫J]★★

 メイド服姿のセシリーが拝める! これは期待せずにはいられねぇぜ! と表紙見て胸膨らませてたら、なんとそればかりじゃなくレアな私服姿のセシリー、更にはルークと二人きりなデートシチュエーションで恋に目覚めた少女姿なセシリーまで拝めるとは! 想像以上の眼福で暫しニヤニヤが収まらなかった(まあ途中に幾つか挟まれていた軽いノリも、後から流れてきた不穏な空気に掻き消されてしまったけれど)。

 本題はその不穏な空気の方。前巻で全くと言っていいくらい語られなかったルークの事情、リサの事情、アリアの事情がようやく掴め始めた所で、ストーリーの規模が一気に拡大した! という確かな手応え。

 ヴァルヴァニル、足並み揃わぬ列強各国、諸悪の根元っぽいシーグフリード、そして聖剣の打ち手『刀鍛冶』のルークと振い手(予定)のセシリーと魔剣アリアとリサとの絆と。物語はまだ動き出したばかり。これからどう交わりを見せてゆくのか。続きが楽しみ。

既刊感想: