SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

死なない男に恋した少女

[著者:空埜一樹/イラスト:ぷよ/HJ文庫]★★

 第1回ノベルジャパン大賞『奨励賞』受賞作。

 こりゃまたなかなか挑戦的で挑発的。際どいネタが多いな。連続無差別快楽殺人、性的嗜好、アンダーグラウンドサイト、など。フィクションだと噛み砕きながらも、つい昨今の現実情勢を頭に浮べて引き合いに出さずにはいられなかった。良くも悪くも思う所は一杯あったんだけど、結果的にはこの物語の過激なテーマに強烈に惹き込まれた、って事になるのかねぇ。

 とは言え、流石にこの内容で“単なるボーイミーツガール”とは見れんかったわ。恭子は性的嗜好に話題をすり替えて自分の犯罪を正当化してるし、狗斗は恭子の行為を容認しておきながら、周囲の大事な人を傷けられた途端に恭子を非難する始末。この辺でとかくもやもや〜っとしてしまい、色々ツッコミ入れてみたいとも思った。けど、二人が出逢う前と出逢った後の“違い”は確かな手応えで掴めていたので、更に気持ちがどう揺れるか成り行きを見守ってみる事に。