銀月のソルトレージュ4 扉なき仮宿

[著者:枯野瑛/イラスト:得能正太郎富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 どうも毎度の事ながら、設定面を充分理解するまで
苦戦を強いられてしまう(私の頭が固くて弱いだけな
のか?)。キャラクターの感情面に関しては、個々の
細やかな機微まで実に分かり易く丁寧に描かれている
ので、容易く掴む事が出来ているんだけどなぁ……。
 ジネット中心で進んでいると思ったら、突然過去に
飛んだり、何処かも誰だかも分かり難い会話が挿入さ
れたり、重要そうなのに意味深で何を言っているのか
掴み辛かったり……何でかな〜? 今回ストーリー展
開を読み進めながら異様に躓く事が多くて参った。
 ある意味リュカ殆ど不在。更にアリス完全不在。で、
ジネットの孤軍奮闘っぽく。『ひとつめの嘘(ソルト
レージュ)』に関わる存在は多いけれど、失われたリ
ュカを求めたい想いは誰とも共有出来ない状況だった
からねぇ(アルト老は理解していたと思うけど)。
 一応、ひとまず、とりあえず、ようやっとリュカ帰
還。しかし語って貰いたい事はまだ色々とあるぞ。さ
て、次の最終巻はどういう形で締めてくれるのか?

既刊感想: