エンジェル・ハウリング1 獅子序章―from the aspect of MIZU

[著者:秋田禎信/イラスト:椎名優富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 ミズー・ビアンカ。世界滅亡に関わる精霊の謎を追
う美貌の暗殺者。闇に紛れるが如く暗躍する彼女の旅
が物語の始まり。タイトルにも『序章』とあるように、
重要な事は何ひとつ……改めて思い返すとほんっとに
何ひとつ明確にならないまま終わっちまったなぁ。
 その代わり、忘れちゃいけないキーワードやキーパ
ーソンはどっさり出て来たような。ミズー自身にも過
去に何らかの秘密があるようだし、彼女に付き纏うア
イネスト、精霊使役する少女マリオ、世界滅亡に関係
する『精霊アマワ』の事を知るベスポルト(今回は登
場せず)、水晶檻を瞳に宿しているらしい少女フリウ
(偶数巻の主人公。こちらも今回登場せず)、帝都を
守護する『黒衣』達など……登場してるのもしてない
のも含めて一癖二癖ありそうで、しかし未だ全ての存
在が別々の方角を向いていて、何も噛み合っていない
状況。次のフリウ編では更なる進展を見てみたい。