ロミオの災難

[著者:来楽零/イラスト:さくや朔日/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

ロミオの災難 (電撃文庫)

ロミオの災難 (電撃文庫)

 ロミオとジュリエットかー。題目自体はめちゃくち
ゃ有名だけど、そういや物語の詳細までは触れた事が
なかったな(精々が悲恋で終わるらしい、という事し
か……)。演劇『ロミオとジュリエット』を演じなが
ら、悲恋&悲劇で終わった“過去の亡霊”=嫉妬と欲
望に塗り潰された歪んだ恋心と対決! な物語。
 たとえ乗っ取られ操られた恋愛感情だとしても、自
分に向けられる好意ってやつが、意中の相手から発せ
られたものだとしたら? そりゃ偽物の恋心でもぐら
っときちゃうだろうなぁ。そんな本能を暴走させずに
ぐらつく理性で何とか押さえ込んでいる辺り、如月行
哉というヤツは結構デキる男なのかも知れない。
 過去の登場人物像や恋愛関係にもっと厚みがあって、
現在の5人の恋愛感情により深く影響を及ぼしてくれ
たら、更に好きになれていたかも(この展開ならもっ
とドロドロな方が好みなもんで)。あと私は新堂贔屓
だったせいか、最後はちょっとホロ苦だったなぁ。