シフトI ―世界はクリアを待っている―

[著者:うえお久光/イラスト:STS/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 ハードカバー版は既読。文庫新装版での3巻を心待
ちにしつつ再読。前と違ってたのは、夢世界のシステ
ムを最初から理解していたので、いきなり放り込まれ
ても面食らわなかった事。それから挿絵追加のお陰で
キャラクターイメージが大幅に膨らんだ事、かな。
 夢でのキャライメージは千差万別。しかしながら、
精神面は例外なく(ラケル=裕樹の言葉を信じるなら
ば)中学生〜高校生レベル。決してここを忘れず見落
とさず、常に意識して読み進めてみると、非常に興味
深く面白い手応えが得られる。この巻は夢世界メイン
で、現実世界の方はまだあまり絡んで来ないんだけど、
今後二つの世界の境界線が曖昧になった時こそ、設定
が充分に活かされ、この物語の本領が拝める筈。
 ラケルの過去と本性、セラの現実世界での姿、鷹生
の夢世界での姿、夢世界の建国について、現実世界に
残されたシェヘラザの希望。要注目な要素は色々と。

既刊感想:ハードカバー版II