パーフェクト・ブラッド3 雪の夜想曲†空の奇想曲

[著者:赤井紅介/イラスト:椋本夏夜集英社 スーパーダッシュ文庫]★★

 またもや裕樹の前に美少女出現で、毎度お約束の如
く透華の心は嫉妬の炎で荒れ狂う。傍から見ればお互
い好き合ってるのは一目瞭然だってのに、難儀なバカ
ップルだよ全く。裕樹が美少女=今回の場合はカトリ
ーナに無邪気に迫られて、満更でもない態度を取るか
らダメなんだよな(しかも何時も間が悪くて透華にバ
レる)。まあそういうとこが微笑ましく、ニヤニヤの
元でもあるので、放っておいていいんだろうけど。
 しかし、今回は呑気なラブコメ話じゃなかった。序
盤の和やかな雰囲気を一挙に覆す展開。カトリーナの
正体が知れてからは一転して重くシリアスな内容に。
 いや、ここまで苛烈に事が運ぶとは正直想像してな
かったなぁ。菫の内情が深く絡んでくるとも思ってな
かったし(それはもっと先の事だと思ってた)。終盤
の盛り上がりは素晴らしく、死を賭してカトリーナを
救おうとする裕樹と透華の姿が強く印象に残った。

既刊感想: