アニスと不機嫌な魔法使い

[著者:花房牧生/イラスト:植田亮ホビージャパン HJ文庫]★

アニスと不機嫌な魔法使い (HJ文庫)

アニスと不機嫌な魔法使い (HJ文庫)

 第1回ノベルジャパン大賞『奨励賞』受賞作。
 アニスのその“何時でも何処でも即座に妄想発動さ
せる事が出来る”という性癖は、類稀ない才能だと思
うぞ。日常的な部分で何かと役立ちそうなものじゃな
いか? ……主に現実逃避したい時とか、直視し難い
事実から逃げるように目を背けたい時とか色々。
 まあそれより何よりアニスがヘンテコな妄想に耽っ
てくれると、読んでいるこっちも面白可笑しく楽しめ
るという訳で。しかしながら、読書前のイメージだと
そういう『アニスと妄想とツンデレシドと愉快な仲間
たち』風なコミカルさが強調されるかと思ってたんだ
けど、中盤以降は割と負の感情に引っ張られる方が多
かったかなと。シドとの衝突で怒って落ち込んで、閉
ざされた過去の記憶から心が恐怖に駆られて悲鳴を上
げて、と。一応アニスの魔力関連は一段落したので、
今度は娘と養父のぎくしゃく日常コミュニケーション
な部分を、コミカルさ増しで描いて欲しいなぁ。