マクロスフロンティア Vol.1 クロース・エンカウンター

[著者:小太刀右京/イラスト:江端里沙・青木ハヤト/角川書店 角川スニーカー文庫]★★

 同名アニメのノベライズ。歌と映像で魅せるアニメ
に対し、キャラクターの心理描写で魅せる小説版。内
面の微妙な揺れ動きまで詳細に描く事が出来るのは、
文章媒体ならではと言った具合で、そういった長所が
絶妙に効いているなという印象。特にアルトが歌舞伎
役者の跡取りで、父親を強烈に意識している心理面は
アニメではあまり見れなかったんじゃないかな?
 ストーリー展開については、大きなイベントはほぼ
アニメの順序通りに進んでいたけれど、細かい部分で
アニメとは違う展開やシーンが多く、結構手が加えら
れている。向かうべき先は一緒ながら、小説オリジナ
ルの要素をしっかり手応えとして得られて良かった。
 あとは私はマクロスFが所謂“初マクロス”なもん
で、過去の歴史が理解し易くちょこちょこ挿入されて
たのは嬉しかったな(知ってる人は多分違う意味で嬉
しくなる事請け合い)。この続きも、小説でのオリジ
ナルな展開やシーンに期待を寄せつつ追ってみたい。