銀色ふわり

[著者:有沢まみず/イラスト:笛/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

銀色ふわり (電撃文庫)

銀色ふわり (電撃文庫)

 世界中の誰からも視認されず、まるで空気に溶ける
様に消えゆく存在だった筈の少女が奇跡的に拠り所を
見つけてしまう物語。世界中にたった一人だけ、少女
(銀花)が無条件で寄り添える事の出来る存在(安住
春道)は、果たして彼女の希望となり得るのか?
 単発モノだと思ってたら続きモノだった。物語の雰
囲気がもうこちらを泣かせる気満々な感じ。今回は泣
かせるまでの準備段階みたいなもんで、「さあ、ここ
からどうやって泣かせて落としてやろうか?」ってな
声がどこからともなく聞こえたような気がしたよ。
 銀花にとって春道と出逢えた事は、間違いなく至上
の喜びであり幸せであるのだと思う。しかしながら、
今後の展開次第では「出逢わなかった方が良かった」
「一人で消えてしまった方が良かった」と、銀花が思
ってしまう可能性も。拠り所を得たと同時に、失う事
への恐怖や辛さも得てしまったからねぇ。今はそうな
らない事、そして二人の幸せな結末をただ願うのみ。