戦場のエミリー 鉄球姫エミリー第四幕

[著者:八薙玉造/イラスト:瀬之本久史/集英社 スーパーダッシュ文庫]★★★

戦場のエミリー―鉄球姫エミリー第四幕 (集英社スーパーダッシュ文庫)

戦場のエミリー―鉄球姫エミリー第四幕 (集英社スーパーダッシュ文庫)

 容赦なく失意のどん底に叩き落とされ、心が引き千
切れ荒れ果ててしまっても、エミリーとグレンの間に
結ばれた強固な絆は決して切れる事がなく。誰の為に
何をすべきかを真の意味で見極め、苦しみ抜いて己を
取り戻してからの復活劇は凄く格好良かったねぇ。
 エミリーにしてもグレンにしても、不器用にもがき
苦しむ様子が余りに痛々しくて見れられない有様だっ
たんだけど、そういう時でさえも互いに大切な相手を
護りたいと強く想う姿がとても印象的だった。今回は
これまで近くに居た二人が離れていたから、普段なか
なか見せてくれない本心が際立って見えたのかも。
 絶望を乗り越えて、エミリーとグレンの関係がぐぐ
っと進展した所で、さて今後の戦況はどうなる? 対
ヴェルンスト王国、対ヴィルヘルミーネを主軸に描い
てあっさり済ませるのか。それとも更に混迷と絶望を
極めるような隠し玉が用意されてたりするのかなぁ。

既刊感想:第一幕第二幕第三幕