SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

オトナリサンライク

[著者:竹岡葉月/イラスト:八重樫南/ファミ通文庫]★★

 最初に現在の状況を割とざっくり放り込み、そこから過去に遡って主人公キーチ君の赤裸々な更生過程を描いてゆくお話。最後まで辿ってもう一度最初に戻ると、キーチの言動とか他の相談員達との距離とかで、明確な違いが見て取れる辺りはいいな〜。妖精知識も結構身に付いて来てるとか、ディアナやメアリを普通に名前で呼んでるとか、そういう些細な違いの中でキーチの成長を垣間見れたのが妙に嬉しい(散々粋がって損して辛酸を嘗めた過去があるから余計に)。

 ディアナはキーチのお師匠様的ポジションで、上からあるいは影からもしくは裏から支え見守る存在。恋愛対象からは今の所完全に外れてる、かな? 本領発揮時の実力は未知数。もし何かの間違いで適応レベルC妖精が出て来たとしたら、ディアナの本気を拝めるかも知れない。そういう妖精絡みの派手な展開もあって欲しい。一方でキーチとメアリとのぎくしゃくで擽ったい関係を発展させてくれるのも忘れずにね!